Yamaguchi Ei

From Wiki31en
Jump to: navigation, search

山口鋭(やまぐち・えい 慶応3年5月13日(1867.6.15)~昭和20(1945)年1月20日)は、日本の海軍軍人海軍中将。静岡県出身。海軍兵学校第17期生。

履歴

  • 明治23(1890)年7月17日、命海軍少尉候補生。補比叡乗組。
  • 明治24(1891)年6月4日、補浪速乗組。
  • 明治24(1891)年12月27日、任海軍少尉。補横須賀鎮守府海兵団分隊士。
  • 明治26(1893)年4月25日、補龍驤分隊士。
  • 明治26(1893)年12月2日、補海軍砲術練習所分隊士。
  • 明治27(1894)年3月15日、補吉野分隊士。
  • 明治28(1895)年8月25日、補千代田分隊士。
  • 明治29(1896)年4月27日、補筑紫乗組。
  • 明治29(1896)年7月20日、補厳島乗組。
  • 明治29(1896)年11月2日、任海軍大尉。補厳島分隊長。
  • 明治31(1898)年2月22日、補磐城航海長。
  • 明治31(1898)年10月1日、補海門航海長兼分隊長。
  • 明治32(1899)年3月22日、補海軍大学校乙種学生。
  • 明治33(1900)年5月20日、補海軍省軍務局課員。
  • 明治35(1902)年10月6日、任海軍少佐
  • 明治36(1903)年11月10日、補海軍省軍務局局員。
  • 明治37(1904)年10月5日、兼補皇族附武官。(海軍省軍務局局員兼皇族附武官)(博恭王附)
  • 明治38(1905)年4月2日、免兼皇族附武官。(海軍省軍務局局員)
  • 明治38(1905)年6月14日、補浅間航海長。
  • 明治39(1906)年5月10日、ドイツ帝国駐在被仰付。
  • 明治39(1906)年9月28日、任海軍中佐
  • 明治41(1908)年5月23日、命帰朝。
  • 明治41(1908)年9月25日、補横須賀鎮守府参謀兼東京湾要塞参謀
  • 明治44(1911)年7月15日、補艦長。
  • 明治44(1911)年12月1日、任海軍大佐
  • 明治44(1911)年12月27日、補対馬艦長。
  • 明治45(1912)年4月20日、補千歳艦長。
  • 明治45(1912)年5月22日、補呉海軍工廠検査官。
  • 大正3(1914)年10月27日、補磐手艦長。
  • 大正4(1915)年4月1日、補生駒艦長。
  • 大正4(1915)年12月13日、補海軍艦政本部部員。
  • 大正5(1916)年4月1日、補海軍省艦政局第四課長。
  • 大正6(1917)年12月1日、任海軍少将。補海軍将官会議議員。
  • 大正9(1920)年10月1日、補海軍省軍需局長。
  • 大正10(1921)年12月1日、任海軍中将。補海軍将官会議議員。
  • 大正11(1922)年4月10日、待命被仰付。
  • 大正12(1923)年3月31日、予備役被仰付。
  • 昭和2(1927)年5月13日、後備役被仰付。
  • 昭和7(1932)年5月13日、退役被仰付。