三隈

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

三隈(みくま Mikuma)は、日本の軍艦二等巡洋艦)。最上級重巡洋艦の2番艦。

艦歴

  • 昭和6(1931)年12月24日、三菱造船長崎造船所において起工。
  • 昭和9(1934)年5月31日、進水。
  • 昭和10(1935)年8月29日、竣工引き渡し。二等巡洋艦に類別。
  • 昭和17(1942)年6月6日、ミッドウェー海戦に参加。米軍機の攻撃をうけ、戦没。(29.20N, 173.30E)
  • 昭和17(1942)年8月10日、除籍。

幹部

三隅艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1934.05.31 海軍大佐 吉田庸光 海兵36 艤装員長
1934.07.04 海軍大佐 鈴木田幸造 海兵37 艤装員長
1935.08.29 海軍大佐 鈴木田幸造 海兵37
1935.11.15 海軍大佐 武田盛治 海兵38
1936.12.01 海軍大佐 岩越寒季 海兵38
1937.12.01 海軍大佐 入船直三郎 海兵39 砲術学校教頭 艦本総務部第二課長
1938.11.15 海軍大佐 平岡粂一 海兵39 朝日特務艦長 比叡艦長専任
1938.12.15 海軍大佐 阿部孝壮 海兵40
1939.07.20 海軍大佐 久保九次 海兵38
1939.11.15 海軍大佐 木村進 海兵40 横須賀工廠航海実験部長 榛名艦長
1940.11.01 海軍大佐 崎山釈夫 海兵42 戦死 1942.06.07沈没

三隅副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1937.12.01 海軍中佐 重永主計 海兵46 呉鎮守府 第三戦隊参謀
1938.11.01

参照