二等海防艦 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

二等海防艦(にとうかいぼうかん Coast Defense Ship second class)は、日本海軍における艦艇の類別の一。軍艦の一種。明治31(1898)年3月21日、艦艇類別標準制定により創設され、昭和6(1931)年5月30日、海防艦の等級が廃止されて消滅。

類別

一覧

代数 艦名 竣工 事由 事由 喪失 除籍 記事
1 見島 1905.06.06 1905.06.06 編入 1922.04.01 潜水艦母艇 1935.10.10
2 沖島 1905.06.06 1905.06.06 編入 1922.04.01 雑役船 1922.04.01
3 扶桑 1878.01 1905.12.12 二等戦艦 1909.04.01 除籍 1909.04.01
4 高千穂 1886.03.26 1912.08.28 二等巡洋艦 1914.10.29 除籍 1914.10.17 1914.10.29
5 厳島 1891.09.03 1912.08.28 二等巡洋艦 1919.04.01 雑役船 1920.09.15
6 橋立 1896.06.26 1912.08.28 二等巡洋艦 1922.04.01 雑役船 1922.04.01
7 千代田 1891.01.01 1912.08.28 三等巡洋艦 1921.04.30 水雷母艦 1924.04.01
8 秋津洲 1894.03.31 1912.08.28 三等海防艦 1921.04.30 潜水艦母艇 1927.01.10
9 葛城 1887.11.04 1912.08.28 三等海防艦 1913.04.01 除籍 1913.04.11
10 大和 1887.11.16 1912.08.28 三等海防艦 1922.04.01 測量艦 1935.04.01
11 武蔵 1888.02.09 1912.08.28 三等海防艦 1922.04.01 測量艦 1928.04.01
12 松江 1906.03.08 1912.08.28 三等海防艦 1918.02.01 運送船 1929.04.01
13 豊橋 1897.12.01 1912.08.28 水雷母艦 1914.04.01 除籍 1914.04.01
14 韓崎 1906.03.08 1912.08.28 水雷母艦 1920.04.01 水雷母艦 1939.04.01
15 満洲 1906.03.08 1912.08.28 通報艦 1931.05.30 海防艦 1932.04.01
16 鈴谷 1906.08.20 1912.08.28 通報艦 1913.04.01 除籍 1913.04.01
17 駒橋 1914.08.16 1914.08.16 編入 1920.04.01 水雷母艦 1945.07.28 1945.11.30
18 若宮 1912.03.09 1915.06.01 運送船 1920.04.01 航空母艦 1931.04.01
19 須磨 1896.12.02 1921.09.01 二等巡洋艦 1923.04.01 除籍 1923.04.01
20 明石 1899.03.30 1921.09.01 二等巡洋艦 1928.04.01 除籍 1928.04.01
21 千歳 1899.03.01 1921.09.01 二等巡洋艦 1928.04.01 除籍 1928.04.01
22 新高 1904.01.27 1921.09.01 二等巡洋艦 1923.04.01 除籍 1922.08.26 1923.04.01
23 対馬 1904.02.14 1921.09.01 二等巡洋艦 1931.05.30 海防艦 1939.04.01

参照