伏見宮博恭王

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

伏見宮博恭王(ふしみのみや・ひろやすおう Prince Hiroyasu, Prince of Fushimi 明治8(1875)年10月16日 - 昭和21(1946)年8月16日)は、日本の皇族海軍軍人元帥海軍大将伏見宮貞愛親王長男。母は家女房河野千代子伏見宮家第二十五代当主。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治8(1875)年10月16日 生 (愛賢王 なるかたおう)
明治16(1883)年4月23日 華頂宮家相続 博恭王と改名
明治19(1886)年4月5日 海軍兵学校予科生徒
明治22(1889)年9月17日 海軍兵学校退校
明治22(1889)年9月28日 ドイツ帝国留学
明治24(1891)年10月5日 ドイツ帝国海軍兵学校通学
明治25(1892)年4月8日 ドイツ帝国海軍兵学校入校
明治26(1893)年3月30日 海軍少尉候補生 ドイツ帝国留学
明治27(1894)年4月20日 海軍少尉
明治27(1894)年10月3日 ドイツ帝国海軍大学校通学
明治28(1895)年8月15日 ドイツ帝国海軍大学校卒業
明治28(1895)年10月28日 帰朝
明治28(1895)年10月29日 厳島分隊士
明治29(1896)年4月20日 松島乗組
明治30(1897)年3月17日 海軍砲術練習所学生
明治30(1897)年7月19日 呉水雷団水雷艇隊附
明治30(1897)年9月14日 呉水雷団水雷艇隊艇長心得
明治30(1897)年12月1日 海軍中尉 富士分隊長心得
明治30(1897)年12月27日 海軍大尉 富士分隊長
明治32(1899)年8月26日 浅間分隊長
明治33(1900)年10月13日 海軍砲術練習所教官/分隊長
明治34(1901)年6月10日 出雲分隊長
明治35(1902)年4月22日 朝日分隊長
明治35(1902)年7月8日 海軍大学校選科学生
明治36(1903)年7月24日 三笠分隊長
明治36(1903)年7月29日 海軍少佐
明治37(1904)年1月16日 伏見宮家復帰
明治37(1904)年10月5日 海軍省軍務局局員/戦時大本営
明治38(1905)年8月20日 新高副長
明治38(1905)年11月3日 大勲位菊花大綬章
明治39(1906)年4月1日 沖島副長心得
明治39(1906)年5月11日 浪速副長心得
明治39(1906)年9月28日 海軍中佐 浪速副長
明治39(1906)年11月5日 日進副長
明治40(1907)年2月15日 海軍大学校選科学生
明治40(1907)年12月18日 命連合王国駐在
明治43(1910)年5月23日 命帰朝
明治43(1910)年7月25日 海軍軍令部出仕
明治43(1910)年9月26日 高千穂艦長心得
明治43(1910)年12月1日 海軍大佐 朝日艦長
明治45(1912)年3月1日 伊吹艦長
大正元(1912)年12月1日 海軍大学校選科学生
大正2(1913)年8月31日 海軍少将 横須賀鎮守府艦隊司令官
大正3(1914)年8月18日 海軍大学校
大正3(1914)年8月29日 海軍大学校長/海軍軍令部出仕
大正4(1915)年12月13日 第二戦隊司令官
大正5(1916)年12月1日 海軍中将 海軍将官会議議員/海軍軍令部出仕
大正8(1919)年12月1日 第二艦隊司令長官
大正9(1920)年12月1日 軍事参議官
大正11(1922)年12月1日 海軍大将
大正13(1924)年2月5日 佐世保鎮守府司令長官
大正14(1925)年4月15日 軍事参議官
総和7(1932)年2月2日 海軍軍令部長海軍将官会議議員
昭和7(1932)年5月27日 元帥
昭和8(1933)年10月1日 軍令部総長
昭和9(1934)年4月29日 大勲位菊花章頚飾
昭和16(1941)年4月9日 軍令部総長
昭和17(1942)年4月4日 功一級金鵄勲章
昭和20(1945)年11月30日 退役
昭和21(1946)年8月16日 薨去 (70)

在任

親族

尊属

卑属

  • 徳川経子 明治15(1882)年 9月23日~昭和14(1939)年 8月18日。明治30(1897)年 1月 9日結婚。
    • 博義王(ひろよし) 明治30(1897)年12月 8日~昭和13(1938)年10月19日
    • 恭子女王(やすこ) 明治31(1898)年11月14日~大正 8(1919)年 1月16日。大正 7(1918)年 5月29日、浅野長武に降嫁。
    • 博忠王(ひろただ) 明治35(1902)年 1月26日~大正13(1924)年 3月24日
    • 博信王(ひろのぶ) 明治38(1905)年 5月22日~昭和45(1970)年10月25日。大正15(1926)年12月 7日臣籍降下、華頂侯爵家創設。
    • 敦子女王(あつこ) 明治40(1907)年 5月18日~昭和11(1936)年 2月24日。大正15(1926)年10月27日、清棲幸保に降嫁。
    • 知子女王(ともこ) 明治40(1907)年 5月18日~昭和22(1947)年 6月28日。大正14(1925)年 1月26日、久邇宮朝融王と結婚。
    • 博英王(ひろひで) 大正元(1912)年10月 4日~昭和18(1943)年 8月21日。昭和11(1936)年 4月 1日臣籍降下、伏見伯爵家創設。

皇族附武官

代数 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1906.11.05 1906.12.18 海軍中佐 川原袈裟太郎 海兵17 第四艇隊司令兼艇長 海軍軍令部出仕
1922.12.01 1924.12.01 海軍中佐 有馬寛 海兵33 横須賀鎮守府 横須賀鎮守府
1926.09.15 1928.12.10 御堀伝造 海兵32
1928.12.10 1930.12.01 後藤輝道 海兵35
1930.12.01 1932.12.01 海軍中佐 高崎武雄 海兵37 長鯨副長 川内艦長 1931.12.01海軍大佐
1932.02.02 1934.11.15 松永次郎 海兵38
1932.05.27 1933.10.20 海軍少佐 湊慶譲 海兵44 海軍軍令部副官専任 第三艦隊参謀
1933.10.20 1935.11.15 新島信夫 海兵46
1934.11.15 1936.12.01 堀江義一郎 海兵43
1935.11.15 1937.12.01 無着仙明 海兵51
1936.12.01 1938.12.01 田中菊松 海兵43
1937.12.01 1939.11.15 杉藤馬 海兵50
1938.12.01 1940.11.15 新島信夫 海兵46
1939.11.15 1941.09.01 末国正雄 海兵52
1940.11.15 1941.05.10 細谷資彦 海兵47
1941.09.10 1943.06.02 野村盛弘 海兵62
1942.11.25 1945.01.25 山屋太郎 海兵48
1943.06.02 1944.01.21 小山亨 海兵52
1944.01.21 1945.04.15 塚田収 海兵52
1945.01.25 岡村於菟彦 海兵50
1945.04.15 前田安彦 海兵64