八重山 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

八重山(やえやま Yaeyama)は、日本の軍艦(のち通報艦)。八重山級巡洋艦

艦歴

  • 明治20(1887)年6月、横須賀鎮守府造船部にて起工。
  • 明治22(1889)年3月、進水。
  • 明治23(1890)年3月15日、竣工。軍艦籍に編入。
  • 明治31(1898)年3月21日、艦艇類別標準制定。通報艦に類別。
  • 明治44(1911)年4月1日、除籍。

幹部

八重山艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1897.03.09 海軍大佐 東郷正路 海兵5 待命 済遠艦長
1897.04.17
1897.05.15 海軍大佐 橋元正明 海兵5 台湾総督府軍務局海軍部第一課長 浪速艦長
1898.03.01
1899.06.17 海軍中佐 松本和 海兵7 海軍省軍務局軍事課課僚 艦政本部第二部長 1899.09.29海軍大佐
1900.05.20
1906.07.06 海軍中佐 真野巌次郎 東京高等商船校 佐世保工廠艤装委員 和泉艦長
1906.09.28

八重山副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1889.07.29 海軍大尉 東郷正路 海兵5 海軍兵学校生徒隊司令官心得 金剛副長心得
1890.05.13
1898.10.01 海軍少佐 上泉徳弥 海兵12 鎮遠水雷長 敷島水雷長
1898.11.02
1904.04.21 海軍少佐 岡田啓介 海兵15 横須賀工廠艤装委員 千歳副長 1904.07.13海軍中佐
1905.04.05

参照