初鷹級敷設艦 (日本海軍, 1939)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

基本計画番号 H12(初鷹蒼鷹)/ H12b(若鷹)/ H12c(朝鳥

主要要目

排水量: 基準 1608t, 公試 1860t
長さ: 垂線間長 82.5m, 水線長 86.5m, 全長 90.9m
全幅: 11.3m
喫水: 4.40m
機関: 2軸 艦本式減速タービン 2基, 3 ロ号艦本式水管缶(混焼), 6000shp
速力: 20ノット
兵装: 8cm/40口径対空砲 2門 (若鷹のみ), 40mm対空機銃 4門 (若鷹を除く), 25mm対空機銃 4門, 機雷 360
乗員: 不明

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
昭12 初鷹 Hatsutaka 播磨造船所 1938.03.29 1939.04.28 1939.10.31 (敷設艦) 1945.05.16 戦没 (被雷)
1945.08.10 除籍
マレー半島東岸
(04.49N/103.31E)
昭12 蒼鷹 Aotaka 播磨造船所 1939.05.10 1940.02.05 1940.06.30 (敷設艦) 1944.09.26 戦没 (被雷)
1944.11.10 除籍
ボルネオ北方
(07.00N/116.00E)
昭14 若鷹 Wakataka 播磨造船所 1940.11.25 1941.07.12 1941.11.30 (敷設艦) 1946.03.01 除籍
1947 英へ引き渡し
のちシンガポール海軍
昭17 朝鳥 Asadori 1943 建造とりやめ