山崎景則

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

山崎景則(やまざき・かげのり、天保9年2月7日(1838年3月2日) - 明治42(1909)年10月22日)は、日本の海軍軍人海軍少将長崎県出身。

履歴

  • 明治3(1870)年6月、日進一等格士官。
  • 明治4年5月19日(1871年7月6日)、任海軍大尉
  • 明治5年7月24日(1872年8月27日)、補日進副長。
  • 明治5年10月24日(1872年11月24日)、任海軍少佐
  • 明治6(1873)年1月12日、補第二丁卯艦長。
  • 明治6(1873)年3月3日、補鳳翔艦長。
  • 明治13(1880)年6月14日、補艦長。
  • 明治13(1880)年8月12日、任海軍中佐
  • 明治14(1881)年7月7日、補日進艦長。
  • 明治14(1881)年12月27日、補海軍兵学校次長。
  • 明治15(1882)年10月16日、補摂津艦長。
  • 明治16(1883)年12月15日、補龍驤艦長。
  • 明治17(1884)年2月8日、補比叡艦長。
  • 明治18(1885)年6月20日、任海軍大佐
  • 明治19(1886)年5月28日、補高千穂艦長。
  • 明治19(1886)年7月14日、補扶桑艦長兼常備小艦隊参謀長。
  • 明治21(1888)年4月26日、免兼常備小艦隊参謀長。(扶桑艦長)
  • 明治21(1888)年8月16日、補海軍省軍務局次長兼将校課長法規課長。
  • 明治22(1889)年3月9日、補海軍省第一局第一課長。
  • 明治23(1890)年9月24日、任海軍少将。補呉軍港司令官
  • 明治25(1892)年7月12日、補海軍兵学校長。
  • 明治25(1892)年12月12日、補横須賀軍港司令官海軍将官会議議員。
  • 明治26(1893)年5月20日、待命被仰付。
  • 明治26(1893)年5月24日、予備役被仰付。
  • 明治31(1898)年2月1日、後備役被仰付。