岡敬純

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

岡敬純(おか・たかずみ Oka Takazumi 明治23(1890)年2月11日 - 昭和48(1973)年12月4日)は、日本の海軍軍人海軍中将山口県出身。海軍兵学校第39期生(148名中52位)、海軍大学校第21期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治23(1890)年2月11日
明治44(1911)年7月18日 海軍少尉候補生 宗谷乗組
明治45(1912)年3月29日 香取乗組
大正元(1912)年12月1日 海軍少尉
大正3(1914)年1月15日 比叡乗組
大正3(1914)年12月1日 海軍中尉 海軍水雷学校普通科学生
大正4(1915)年5月26日 海軍砲術学校普通科学生
大正4(1915)年12月13日 浦波乗組
大正5(1916)年4月1日 第一潜水艇隊附/呉防備隊
大正5(1916)年12月1日 第二潜水艇隊
大正6(1917)年6月9日 第二特務艦隊司令部附
大正6(1917)年9月1日 横須賀鎮守府
大正6(1917)年9月5日 横須賀鎮守府附/横須賀海兵団
大正6(1917)年12月1日 海軍大尉 海軍大学校乙種学生
大正7(1918)年4月15日 海軍水雷学校高等科学生
大正7(1918)年12月1日 第一潜水艇隊艇長/海軍水雷学校教官
大正8(1919)年11月1日 第十三潜水隊潜水艦長
大正8(1919)年11月20日 第一潜水隊潜水艦長/海軍水雷学校教官
大正9(1920)年5月29日 第十四潜水隊
大正9(1920)年12月1日 第十二潜水艦長/海軍潜水学校教官
大正10(1921)年6月1日 第二十九潜水艦艤装員長心得
大正10(1921)年11月15日 第二十九潜水艦長心得
大正10(1921)年12月1日 海軍大学校甲種学生
大正12(1923)年10月15日 海軍軍令部出仕
大正12(1923)年12月1日 海軍少佐 海軍潜水学校教官
大正13(1924)年5月20日 フランス共和国駐在被仰付
大正14(1925)年7月13日 海軍軍令部出仕/参謀/平和条約実施委員
大正15(1926)年5月31日 海軍軍令部出仕/参謀
大正15(1926)年9月1日 第一潜水戦隊司令部附
大正15(1926)年12月1日 呂号第六十一潜水艦
昭和2(1927)年5月20日 横須賀鎮守府
昭和2(1927)年11月15日 海軍軍令部参謀/海軍大学校教官
昭和3(1928)年12月10日 海軍中佐
昭和6(1931)年10月10日 海軍軍令部出仕/海軍省出仕(国際聯盟派遣被仰付)
昭和7(1932)年10月25日 海軍軍令部出仕/海軍省出仕/ジュネーブ軍縮会議全権委員随員
昭和8(1933)年11月15日 海軍大佐 軍令部出仕/部員/海軍省出仕/ジュネーブ軍縮会議全権委員随員/国際聯盟常設軍事委員会帝国海軍代表随員
昭和8(1933)年12月28日 軍令部出仕/部員/海軍省出仕/ジュネーブ軍縮会議全権委員随員
昭和9(1934)年4月1日 命帰朝
昭和9(1934)年4月26日 軍令部出仕/部員/海軍省出仕
昭和9(1934)年11月15日 海軍省臨時調査課長
昭和11(1936)年12月1日 迅鯨艦長
昭和12(1937)年12月1日 軍令部出仕/海軍省出仕
昭和13(1938)年1月15日 海軍省軍務局第一課長
昭和14(1939)年10月10日 軍令部第三部長
昭和14(1939)年11月15日 海軍少将
昭和15(1940)年10月15日 海軍省軍務局長/海軍将官会議議員
昭和17(1942)年11月1日 海軍中将
昭和19(1944)年7月18日 海軍将官会議議員/海軍省出仕/海軍省軍務局長事務取扱
昭和19(1944)年8月1日 海軍次官海軍将官会議議員
昭和19(1944)年8月5日 軍令部出仕
昭和19(1944)年9月9日 鎮海警備府司令長官
昭和20(1945)年4月20日 軍令部出仕
昭和20(1945)年6月15日 待命被仰付
昭和20(1945)年6月20日 予備役被仰付
昭和21(1946)年4月7日 A級戦犯指名
昭和21(1946)年4月29日 極東軍事裁判に訴追
昭和23(1948)年11月12日 判決(終身刑)
昭和29(1954)年 仮釈放
昭和48(1973)年12月4日 死去 (83)