敷島

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

敷島(しきしま Shikishima)は、日本の軍艦一等戦艦戦艦一等海防艦練習特務艦)。敷島級戦艦の1番艦。

艦歴

  • 明治29年度計画艦。
  • 明治30(1897)年3月29日、英国 Thames Iron Works 社にて起工。
  • 明治31(1898)年11月1日、進水。
  • 明治33(1900)年1月26日、竣工引き渡し。一等戦艦に類別。
  • 明治33(1900)年5月20日、佐世保鎮守府を本籍とする。
  • 明治37(1904)年8月10日、黄海海戦に参加、損傷。
  • 明治38(1905)年5月27日、日本海海戦に参加、損傷。戦死13、負傷24。
  • 明治38(1905)年12月12日、艦艇類別標準改定。戦艦に類別変更。
  • 大正9(1921)年9月1日、一等海防艦に類別変更。
  • 大正12(1923)年4月1日、特務艦に種別変更。練習特務艦に類別。
  • 昭和20(1945)年11月20日、除籍。
  • 昭和23(1948)年1月15日、解体完了。

幹部

敷島艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1898.11.02 海軍大佐 三善克己 海兵2 常備艦隊参謀長 敷島艦長 回航委員長
1 1899.07.25 海軍大佐 三善克己 海兵2 敷島回航委員長 横鎮艦隊司令官
1900.05.20
1901.07.06 海軍大佐 富岡定恭 海兵5 八雲艦長 海軍軍令部第一局長
1903.04.12
1903.07.07 海軍大佐 寺垣猪三 海兵6 浅間艦長 横須賀鎮守府参謀長
1905.06.14 海軍大佐 吉松茂太郎 海兵7 常磐艦長 佐世保鎮守府参謀長
1905.11.02
1908.08.28 海軍大佐 黒井悌次郎 海兵13 在ロシア大使館附武官 佐世保工廠
1909.12.01
1911.12.01 海軍大佐 鈴木貫太郎 海兵14 海軍水雷学校 筑波艦長
1912.09.12 海軍大佐 竹下勇 海兵15 筑波艦長 第一艦隊参謀長
1912.12.01
1917.12.01 海軍大佐 大谷幸四郎 海兵23 春日艦長 鹿島艦長
1918.11.10
1919.08.05 海軍大佐 飯田延太郎 海兵24 吾妻艦長 長門艤装員長
1919.11.20

敷島特務艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1932.12.01 海軍中佐 石黒虎雄 海兵37 呉海兵団副長 佐世保鎮守府
1933.11.15

敷島副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1903.02.18 海軍中佐 黒井悌次郎 海兵13 笠置副長 佐世保鎮守府参謀
1903.07.03
1905.11.21 海軍中佐 吉嶋重太郎 海兵14 待命 依仁親王附武官
1906.12.05