東久邇宮稔彦王

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

東久邇宮稔彦王(ひがしくにのみや・なるひこおう Prince Naruhiko, Prince of Higashikuni 明治20(1887)年12月3日 - 平成2(1990)年1月20日)は、日本の皇族、政治家、陸軍軍人内閣総理大臣陸軍大将陸軍士官学校第20期生(歩兵)、陸軍大学校第26期生久邇宮朝彦親王九男。実母は家女房寺尾宇多子。明治36(1903)年11月3日、東久邇宮家創設。昭和22(1947)年10月14日皇籍離脱、東久邇稔彦と名乗る。

履歴

在任

親族

尊属

卑属

  • 聡子内親王 明治29(1896)年12月 3日~昭和53(1978)年 3月 5日。大正 4(1915)年 5月18日結婚。
    • 盛厚王(もりひろ) 大正 5(1916)年 5月 6日~昭和44(1969)年 2月 1日。
    • 師正王(もろまさ) 大正 6(1917)年11月 3日~大正12(1923)年 9月 1日。
    • 彰常王(あきつね) 大正 9(1920)年 5月13日~。昭和15(1940)年10月25日臣籍降下、粟田侯爵家創設。
    • 俊彦王(としひこ) 昭和 4(1929)年 3月24日~。

皇族附武官

代数 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1913.02.14 1915.01.25 松田祐作 陸士生徒10
1915.01.25 1916.11.05 柴山重一 陸士8
1916.11.05 1920.02.16 隈岡邦彦 陸士10
1920.02.16 1922.08.15 溝口直亮 陸士10
1922.08.15 1924.12.15 蒲穆 陸士12
1924.12.15 1930.03.06 安田銕之助 陸士22
1930.03.06 1933.08.01 高瀬啓治 陸士38
1933.08.01 1936.12.01 南部外茂起 陸士26
1935.12.02 1938.04.30 長次郎吉 陸士30
1936.12.01 1940.09.04 長谷川努 陸士28
1939.01.13 1939.07.06 八里知道 陸士31
1939.07.06 1941.11.13 杉田一次 陸士37
1940.09.04 藤田和孝 陸士32
1941.11.13 1942.04.23 加藤丈夫 陸士39
1942.04.23 1942.11.25 杉田一次 陸士37
1943.06.21 1945.07.15 杉田一次 陸士37