松井石根

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松井石根(まつい・いわね Matsui Iwane 明治11(1878)年7月27日 - 昭和23(1948)年12月23日)は、日本の陸軍軍人陸軍大将愛知県出身。陸軍士官学校第9期生(歩兵)、陸軍大学校第18期生

履歴

  • 大正4(1915)年12月25日、上海駐剳武官。
  • 大正7(1918)年7月24日、任陸軍歩兵大佐
  • 大正8(1919)年2月20日、歩兵第三十九聯隊長。
  • 大正10(1921)年5月26日、浦塩派遣軍情報参謀。
  • 大正11(1922)年11月6日、ハルピン特務機関長。
  • 大正12(1923)年3月17日、任陸軍少将
  • 大正13(1924)年2月4日、歩兵第三十五旅団長。
  • 大正14(1925)年5月1日、参謀本部第二部長。
  • 昭和2(1927)年7月26日、任陸軍中将
  • 昭和3(1928)年12月21日、参謀本部附(欧米出張)。
  • 昭和4(1929)年8月1日、第十一師団長。
  • 昭和6(1931)年10月1日、参謀本部附。
  • 昭和6(1931)年12月9日、ジュネーブ会議全権随員。
  • 昭和7(1932)年8月26日、帰国。
  • 昭和8(1933)年3月18日、軍事参議官
  • 昭和8(1933)年8月1日、台湾軍司令官。
  • 昭和8(1933)年10月20日、任陸軍大将
  • 昭和9(1934)年8月1日、軍事参議官
  • 昭和10(1935)年8月1日、待命。
  • 昭和10(1935)年8月28日、予備役。
  • 昭和12(1937)年8月15日、上海派遣軍司令官。
  • 昭和12(1937)年10月30日、中支那方面軍司令官兼上海派遣軍司令官。
  • 昭和12(1937)年12月2日、中支那方面軍司令官。
  • 昭和13(1938)年3月5日、復員。
  • 昭和13(1938)年7月20日、内閣参議
  • 昭和15(1940)年1月23日、辞職。
  • 昭和17(1942)年4月4日、叙功一級金鵄勲章
  • 昭和20(1945)年11月19日、A級戦犯指名。
  • 昭和21(1946)年4月29日、極東軍事裁判に訴追。
  • 昭和23(1948)年11月12日、判決。(絞首刑)
  • 昭和23(1948)年12月23日、刑死(享年71/満70)。