柴田弥一郎

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

柴田弥一郎(しばた・やいちろう Shibata Yaichiro 明治22(1889)年11月1日 - 昭和56(1981)年6月16日)は、日本の海軍軍人海軍中将富山県出身。海軍兵学校第40期生(144名中37位)、海軍大学校第23期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治22(1889)年11月1日
明治45(1912)年7月17日 海軍少尉候補生 吾妻乗組
大正2(1913)年5月1日 筑波乗組
大正2(1913)年12月1日 海軍少尉
大正4(1915)年6月30日 津軽乗組
大正4(1915)年12月13日 海軍中尉 海軍砲術学校普通科学生
大正5(1916)年6月1日 海軍水雷学校普通科学生
大正5(1916)年12月1日 横須賀海兵団
大正6(1917)年6月1日 生駒乗組
大正6(1917)年12月1日 伊勢乗組
大正7(1918)年12月1日 海軍大尉 海軍砲術学校高等科学生
大正8(1919)年12月1日 谷風砲術長/分隊長
大正9(1920)年11月1日 生駒分隊長/海軍砲術学校教官
大正10(1921)年6月1日 夕風艤装員
大正10(1921)年8月24日 夕風砲術長/分隊長
大正11(1922)年12月1日 海軍砲術学校教官/分隊長
大正12(1923)年12月1日 海軍大学校甲種学生
大正13(1924)年12月1日 海軍少佐
大正14(1925)年12月1日 長門副砲長/分隊長
大正15(1926)年12月1日 海軍砲術学校教官
昭和2(1927)年11月15日 勢多艦長
昭和4(1929)年10月10日 海軍軍令部出仕
昭和4(1929)年11月30日 海軍中佐 海軍軍令部参謀/海軍大学校教官
昭和7(1932)年2月12日 中華民国駐在
昭和7(1932)年9月15日 満洲帝国駐在
昭和8(1933)年2月23日 在満洲帝国帝国大使館附海軍武官
昭和8(1933)年4月1日 駐満海軍部参謀/在満洲帝国帝国大使館附海軍武官
昭和8(1933)年4月25日 駐満海軍部参謀
昭和8(1933)年6月1日 横須賀鎮守府
昭和8(1933)年9月9日 海軍艦政本部出仕
昭和8(1933)年11月15日 海軍大佐 海軍艦政本部部員
昭和10(1935)年2月1日 海軍艦政本部総務部第三課長
昭和11(1936)年9月10日 軍令部出仕(欧州各国出張被仰付)
昭和12(1937)年9月7日 帰朝
昭和12(1937)年9月22日 横須賀鎮守府
昭和12(1937)年12月1日 鈴谷艦長
昭和13(1938)年11月15日 軍令部出仕/支那方面艦隊司令部附/第四艦隊司令部附/北支特務部部員
昭和14(1939)年3月10日 第四艦隊司令部附/興亜院華北連絡部青島出張所長
昭和14(1939)年11月15日 海軍少将
昭和15(1940)年8月8日 軍令部出仕
昭和15(1940)年8月22日 海軍省軍務局御用掛/企画院第二部長
昭和16(1941)年5月1日 海軍省軍務局御用掛/企画院第六部長
昭和17(1942)年11月1日 海軍省軍務局御用掛/企画院第五部長
昭和18(1943)年2月22日 第二南遣艦隊司令部附
昭和18(1943)年3月13日 第二十四特別根拠地隊司令官
昭和18(1943)年11月1日 海軍中将
昭和18(1943)年11月30日 第二十四根拠地隊司令官
昭和19(1944)年2月1日 軍令部出仕
昭和19(1944)年3月10日 多賀城海軍工廠
昭和19(1944)年12月20日 軍令部出仕
昭和20(1945)年1月6日 南西方面艦隊司令部附
昭和20(1945)年1月29日 第二南遣艦隊司令長官
昭和22(1947)年5月16日 復員
昭和56(1981)年6月16日 死去 (91)