沖島 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

沖島(おきのしま Okinoshima)は、日本の軍艦二等海防艦)。見島級海防艦の2番艦。

艦歴

  • 1895年6月2日、露国サンクトペテルブルク New Admiralty 海軍工廠にて起工。
  • 1896年5月13日、進水。
  • 1899年、竣工。ロシア海軍海防戦艦 Admiral General Graf Apraksin として就役。
  • 明治38(1905)年5月28日、日本海海戦において捕獲。
  • 明治38(1905)年6月6日、日本軍艦籍に編入。沖島(おきのしま)と命名。二等海防艦に類別。横須賀鎮守府を本籍とする。
  • 明治40(1907)年8月8日、佐世保鎮守府に転籍。
  • 大正11(1922)年4月1日、除籍。雑役船(練習船)に移籍。
  • 大正14(1925)年3月12日、日本海々戦戦偉保存会に払い下げ。
  • 大正14(1925)年4月22日、福岡県宗像郡津屋崎町港口に停泊中、強風のため走錨、付近の海岸に擱座。
  • 昭和14(1939)年、八幡製鉄において解体。

幹部

沖島艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1905.06.14 海軍大佐 釜屋忠道 海兵11 佐渡丸艦長 在清国海軍武官
1905.12.12 海軍中佐 川原袈裟太郎 海兵17 大連湾防備隊参謀兼副官 第二艇隊司令兼艇長
1906.04.01

沖島副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1906.04.01 海軍少佐 博恭王 新高副長 浪速副長心得 心得
1906.05.11

参照