海軍工機学校 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍工機学校(かいぐんこうきがっこう Naval Engineering School

沿革

  • 昭和20(1945)年3月1日、横須賀海軍機関学校と改称。

幹部

海軍工機学校長(第一期)

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1907.04.20 平部貞一
1907.12.10 山崎鶴之助
1908.02.21 伊東茂治
1911.12.01 賀茂厳雄

海軍工機学校長(第二期)

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1928.06.25 岸本信太 海機10
1928.12.10 村田豊太郎 海機12
1932.11.15 小野徳三郎 海機13
1934.11.15 川原宏 海機15
1936.12.01 海軍少将 朝隈彦吉 海機17 呉艦船部 軍令部出仕
1939.11.15 御所静 海機19
1941.09.10 鈴木久武 海機20
1943.06.20 赤坂功 海機21 1944.05.10欠員
1944.06.26 海軍少将 森田貫一 海機23 第一〇二燃料廠 大阪監理長・大阪監査長 1944.10.15海軍中将
1945.01.15 寺山栄 海機25

横須賀海軍機関学校長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.03.01 寺山栄 海機25

海軍工機学校教頭

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1932.07.20 海軍機関大佐 朝隈彦吉 海機17 練習艦隊機関長 聯合艦隊第一艦隊機関長
1934.11.15
1936.12.01 海軍機関大佐 小畑愛喜 海機21 海軍省教育局第三課長 聯合艦隊第一艦隊機関長
1938.01.21
1938.12.01 海軍機関大佐 中村俉郎 海機23 第一潜水戦隊機関長 燃料廠総務部長
1940.11.15

参照