海軍造兵総監 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍造兵総監(かいぐんぞうへいそうかん Ordnance General)は、日本の海軍の階級。勅任官一等もしくは二等(高等官一等もしくは二等)。

沿革

  • 明治29(1896)年3月31日、将校相当官機技部を機関官・造船官・造兵官・水路官に分ける。海軍機技総監のうち造兵官に属すべきものを分割し、海軍造兵総監を置く。将校相当官造兵官勅任二等(高等官二等)。
  • 明治33(1900)年1月31日、勅任一等または二等(高等官一等または二等)とする。
  • 大正8(1919)年9月23日、階級呼称を改定。海軍造兵総監のうち勅任一等を海軍造兵中将、同じく勅任二等を海軍造兵少将と改称。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 勅任一等 記事
1 1898.03.03 前田亨
2 1900.05.20 原田宗介
3 1904.09.01 児玉利賢 1919.09.23海軍造兵少将
4 1905.12.24 沢鑑之丞 1919.09.23海軍造兵中将、1942.11.01海軍技術中将
5 1909.02.26 種子田右八郎 海機旧3 1914.12.01 1919.09.23海軍造兵中将
6 1909.12.10 李家政太
7 1912.02.02 大館源三郎 海機旧4
8 1912.12.01 瀬戸菊次郎 海機旧4 1919.09.23海軍造兵少将
9 1915.12.13 有坂鉊蔵 帝国大学(工) 1919.09.23海軍造兵少将、1920.12.01海軍造兵中将
10 1916.12.01 楠瀬熊治 東京帝大(工) 1919.09.23海軍造兵少将、1921.12.01海軍造兵中将

see also