海軍造機中将 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍造機中将(かいぐんぞうきちゅうじょう Vice Admiral, Engine builder)は、日本の海軍の階級。勅任官一等(高等官一等)。

沿革

  • 大正8(1919)年9月23日、階級呼称を改定。海軍造機総監を改称し、そのうち勅任一等のものを海軍造機中将とする。将校相当官造機官勅任一等(高等官一等)。
  • 大正9(1920)年4月1日、将校相当官造機科勅任一等(高等官一等)とする。
  • 昭和17(1942)年11月1日、将校相当官の造船科・造兵科・造機科・造兵科を合して技術科を新設。海軍造機中将海軍技術中将と改称。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 記事
1 1924.12.01 斎藤真 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
2 1929.11.30 伊藤孝次 東京帝大(工)
3 1930.12.01 石川登喜治 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
4 1937.12.01 福間忠戩 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将

see also