海軍造船中将 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍造船中将(かいぐんぞうせんちゅうじょう Vice Admiral, Shipbuilder)は、日本の海軍の階級。勅任官一等(高等官一等)。

沿革

  • 大正8(1919)年9月23日、階級呼称を改定。海軍造船総監を改称し、そのうち勅任一等のものを海軍造船中将とする。将校相当官造船官勅任一等(高等官一等)。
  • 大正9(1920)年4月1日、将校相当官造船科勅任一等(高等官一等)とする。
  • 昭和17(1942)年11月1日、将校相当官の造船科・造兵科・造機科・造兵科を合して技術科を新設。海軍造船中将海軍技術中将と改称。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 記事
1 1919.09.23 福田馬之助 工部大学校 転官、1907.03.13海軍造船総監
2 1919.09.23 近藤基樹 工部大学校 転官、1908.12.10海軍造船総監、1914.05.29海軍造船総監(一等)
3 1919.09.23 浅岡満俊 転官、1913.12.01海軍造船総監、1918.12.01海軍造船総監(一等)
4 1920.12.01 山田佐久 帝国大学(工)
5 1921.12.01 山本開蔵 帝国大学(工) 1942.11.01海軍技術中将
6 1922.12.01 大久保立
7 1923.12.01 野中季雄 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
8 1925.12.01 鈴木圭二 東京帝大(工)
9 1926.12.01 平賀譲 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
10 1927.12.01 磯崎清吉 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
11 1929.11.30 永村清 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
12 1932.12.01 玉沢煥 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
13 1933.11.15 山本幹之助 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
14 1936.12.01 池田耐一 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
15 1936.12.01 河東卓四郎 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
16 1937.12.01 桑原重治 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
17 1938.11.15 鈴木格司 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
18 1939.11.15 正木宣恒 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将
19 1940.11.15 福田啓二 東京帝大(工) 1942.11.01海軍技術中将

see also