渋谷隆太郎

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

渋谷隆太郎(しぶや・りゅうたろう、明治20(1887)年4月5日 - 昭和48(1973)年4月8日)は、日本の海軍軍人海軍中将福井県出身。海軍機関学校第18期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治20(1887)年4月5日
明治43(1910)年4月1日 海軍機関少尉候補生 千歳乗組
明治43(1910)年9月17日 壱岐乗組
明治43(1910)年12月1日 筑波乗組
明治43(1910)年12月15日 海軍機関少尉
明治44(1911)年12月1日 第七艇隊
明治45(1912)年4月1日 第六艇隊
大正元(1912)年12月1日 海軍機関中尉
大正2(1913)年4月1日 伊吹乗組
大正3(1914)年5月27日 海軍機関学校普通科学生
大正3(1914)年12月1日 海軍機関大尉 臨時青島要港部
大正4(1915)年5月1日 山風乗組
大正5(1916)年12月1日 海軍大学校機関学生
大正7(1918)年12月1日 比叡分隊長
大正8(1919)年12月1日 海軍大学校選科学生
大正9(1920)年12月1日 海軍機関少佐 海軍艦政本部部員
大正11(1922)年12月1日 海軍艦政本部部員/海軍艦型試験所所員
大正12(1923)年4月1日 海軍艦政本部部員/海軍技術研究所所員
大正14(1925)年7月6日 海軍艦政本部部員
大正14(1925)年8月1日 横須賀海軍工廠造機部部員
大正14(1925)年12月1日 海軍機関中佐
大正15(1926)年2月1日 造船監督官(命アメリカ合衆国出)
昭和2(1927)年4月5日 海軍艦政本部造船監督官
昭和2(1927)年7月31日 命帰朝
昭和2(1927)年11月15日 舞鶴要港部部員/海軍機関学校教官
昭和5(1930)年12月1日 海軍機関大佐 海軍艦政本部出仕
昭和6(1931)年4月1日 海軍艦政本部部員
昭和6(1931)年12月1日 海軍艦政本部部員/海軍大学校教官
昭和10(1935)年12月2日 横須賀海軍工廠造機部長
昭和11(1936)年12月1日 海軍少将
昭和12(1937)年12月1日 海軍技術研究所理学研究部長
昭和13(1938)年11月15日 呉海軍工廠造機部長
昭和14(1939)年11月15日 呉海軍工廠造機部長/海軍技手養成所
昭和15(1940)年10月1日 広海軍工廠
昭和15(1940)年11月15日 海軍中将
昭和16(1941)年11月20日 呉海軍工廠
昭和18(1943)年9月15日 軍令部出仕
昭和18(1943)年10月1日 海軍艦政本部出仕/海軍航空本部出仕/海軍省出仕
昭和19(1944)年11月18日 海軍艦政本部長/海軍将官会議議員
昭和20(1945)年11月1日 予備役
昭和48(1973)年4月8日 死去 (86)