有栖川宮熾仁親王

提供: wiki31ja
熾仁親王から転送)
移動: 案内検索

有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや・たるひとしんのう Prince Taruhito of Arisugawa 天保6年2月25日(1835年3月23日) - 明治28(1895)年1月24日)は、日本の皇族陸軍軍人陸軍大将。称号は歓宮(よしのみや)。有栖川宮幟仁親王長男。母は家女房佐々祐子仁孝天皇の猶子。有栖川宮家第九代当主。

履歴

  • 慶応3年12月10日(1868年1月4日)、総裁。
  • 慶応4年2月10日(1868年3月3日)、東征大総督。
  • 明治元年11月2日(1868年12月15日)、凱旋。
  • 明治2年6月、欧州視察。
  • 明治3年4月2日(1870年5月2日)、兵部卿
  • 明治4年6月25日(1871年8月11日)、辞職。
  • 明治4年7月2日(1871年8月17日)、福岡藩知事。
  • 明治4年7月15日(1871年8月30日)、福岡県知事。
  • 明治4年11月14日(1871年12月25日)、福岡県令。
  • 明治5年4月5日(1872年5月11日)、辞職。
  • 明治8(1875)年7月2日、元老院議官。
  • 明治9(1876)年5月18日、元老院議長。
  • 明治9(1876)年12月18日、元老院議長・議定官。
  • 明治10(1877)年2月19日、鹿児島逆徒征討大総督。
  • 明治10(1877)年10月10日、凱旋。任陸軍大将
  • 明治10(1877)年11月2日、叙大勲位菊花大綬章
  • 明治13(1880)年2月28日、任元老院議長左大臣
  • 明治18(1885)年12月22日、補参謀本部長。
  • 明治19(1886)年9月28日、兼補近衛都督。(参謀本部長兼近衛都督)。
  • 明治20(1887)年12月5日、免兼近衛都督。(参謀本部長)
  • 明治21(1888)年5月14日、補参軍
  • 明治22(1889)年3月9日、補参謀総長
  • 明治27(1894)年6月5日、戦時大本営幕僚長。
  • 明治28(1895)年1月16日、叙大勲位菊花章頚飾
  • 明治28(1895)年1月24日、薨去(享年61/満59)。国葬を賜る。

在任

親族

尊属

卑属

  • 徳川貞子 嘉永 3年10月27日~明治 5年 1月 9日。明治 3年 2月16日結婚。
  • 溝口董子 安政 2年 5月12日~大正12(1923)年 2月 7日。明治 6(1873)年 7月30日結婚。
  • 養子
    • 威仁親王(たけひと) 文久 2年正月13日~大正 7(1918)年 7月10日