神通

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

神通(じんつう Jintsu)は、日本の軍艦二等巡洋艦)。川内級軽巡洋艦の3番艦。

艦歴

  • 大正11(1922)年8月4日、川崎造船所において起工。
  • 大正12(1923)年12月8日、進水。神通と命名。
  • 大正14(1925)年7月31日、竣工引き渡し。二等巡洋艦に類別。
  • 昭和18(1943)年7月13日、中部ソロモンにおいて連合軍艦隊と交戦、沈没。南緯7度41分・東経157度15分。
  • 昭和18(1943)年9月10日、除籍。

幹部

神通艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1923.11.10 海軍大佐 柘植道二 海兵30 艤装員長
1925.02.02 海軍大佐 福島貫三 海兵32 艤装員長
1925.07.31 海軍大佐 福島貫三 海兵32
1925.12.01 海軍大佐 山内豊中 海兵32
1926.11.01 海軍大佐 水城圭次 海兵32
1927.10.07 海軍大佐 三矢四郎 海兵31
1927.11.15 海軍大佐 秋山虎六 海兵33 大井艦長 加古艦長
1928.12.10 海軍大佐 町田進一郎 海兵35
1929.11.30 海軍大佐 遠山彦次 海兵34
1930.12.01 海軍大佐 伊沢春馬 海兵35
1931.12.01 海軍大佐 岩下保太郎 海兵37 海軍省人事局第一課長 海軍軍令部出仕
1932.11.15 海軍大佐 大熊政吉 海兵37 第八駆逐隊司令 水雷学校教頭
1933.11.15 海軍大佐 鈴木幸三 海兵36
1934.11.15 海軍大佐 原顕三郎 海兵37 第一〇駆逐隊司令 高雄艦長
1935.11.15 海軍大佐 阿部孝壮 海兵40
1936.12.01 海軍大佐 阿部弘毅 海兵39
1937.12.01 海軍大佐 田中頼三 海兵41 第二駆逐隊司令 馬公要港部参謀長
1938.12.15 海軍大佐 難波祐之 海兵39
1939.11.15 海軍大佐 伊崎俊二 海兵42
1939.12.05 海軍大佐 木村昌福 海兵41 知床特務艦長 鈴谷艦長
1940.10.15 海軍大佐 河西虎三 海兵42
1942.12.26 海軍大佐 藤田俊造 海兵42
1943.02.12 海軍大佐 佐藤寅治郎 海兵43 戦死 1943.07.12沈没

神通副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1933.06.05 海軍中佐 大西新蔵 海兵42 ドイツ駐在 第二艦隊参謀
1933.11.15
1936.12.01 海軍中佐 渋谷紫郎 海兵44 駆逐艦長 第一水雷隊司令
1937.12.01

参照