第三戦隊 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

第三戦隊(だいさんせんたい 3rd Squadron

幹部

第三戦隊司令官

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1903.12.28 海軍少将 出羽重遠 海兵5 常備艦隊司令官 第四艦隊司令長官 1904.06.06海軍中将
2 1905.06.14 海軍少将 小倉鋲一郎 海兵7 1905.12.20解隊
1915.02.01 海軍中将 山屋他人 海兵12 第一南遣枝隊司令官 待命
1915.08.06 海軍中将 栃内曽次郎 海兵13 第四戦隊司令官 海軍技術本部
1915.12.13
1921.12.01 海軍中将 飯田久恒 海兵19 第四戦隊司令官 馬公要港部司令官
1921.12.26 海軍中将 百武三郎 海兵19 海軍将官会議議員 鎮海要港部司令官
1922.12.01 海軍少将 小林躋造 海兵26 在イギリス大使館附武官 海軍省軍務局長
1923.12.01 海軍少将 大角岑生 海兵24 海軍省軍務局長 海軍軍令部出仕
1924.12.01 海軍少将 永野修身 海兵28 海軍軍令部第三班長 第一遣外艦隊司令官
1925.04.20
1928.12.10 海軍少将 藤田尚徳 海兵29 海軍省人事局長 横須賀工廠
1929.11.30 海軍少将 湯地秀生 海兵30 海軍軍令部出仕 馬公要港部司令官
1930.12.01 海軍少将 松下元 海兵31 海軍省人事局長 海軍兵学校
1931.12.01 海軍少将 堀悌吉 海兵32 海軍軍令部出仕 第一戦隊司令官
1932.11.15 海軍少将 鈴木義一 海兵32 佐世保防備隊司令 第七戦隊司令官
1933.05.20
1936.06.01 海軍中将 原敬太郎 海兵33 第一戦隊司令官 鎮海要港部司令官
1936.12.01
1937.12.01 海軍中将 片桐英吉 海兵34 霞ヶ浦航空隊司令 舞鶴要港部司令官
1938.11.15 海軍少将 南雲忠一 海兵36 海軍水雷学校 海軍大学校 1939.11.15海軍中将
1940.11.01 海軍少将 小沢治三郎 海兵37 第一航空戦隊司令官 海軍大学校 1940.11.15海軍中将
1941.09.06 海軍中将 三川軍一 海兵38 第五戦隊司令官 軍令部出仕
1942.07.12 海軍中将 栗田健男 海兵38 聯合艦隊司令部附 軍令部出仕
1943.07.22 海軍中将 鈴木義尾 海兵40 第三艦隊司令部附 戦死 1944.11.21戦死
1945.01.01解隊

第三戦隊機関長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1924.12.01 海軍機関大佐 金谷三松 海機14 大湊要港部機関長 海軍大学校教官
1925.12.01