第二十師団 (日本陸軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

第二十師団(だいにじゅうしだん)、兵団

衛戍地

  • 京機道京城市

序列

大正14年改定時の序列

満州事変直前時の序列

終戦時の戦闘序列

隷下部隊

大正14年改定時の隷下部隊

満州事変直前時の隷下部隊

終戦時の隷下部隊

幹部

第二十師団長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1919.04.01 陸軍中将 浄法寺五郎 陸士生徒9 陸軍大学校 待命
2 1922.02.08 陸軍中将 菅野尚一 陸士2 陸軍省軍務局長 台湾軍司令官
3 1924.08.20 引田乾作 陸士5
4 1927.07.26 上原平太郎 陸士7
5 1930.08.01 室兼次 陸士9
6 1932.08.08 梅崎延太郎 陸士12
7 1935.03.15 三宅光治 陸士13
8 1936.12.01 陸軍中将 川岸文三郎 陸士15 第一二師団司令部附 東部防衛司令官
9 1938.06.23 陸軍中将 牛島実常 陸士16 工兵監 参謀本部
10 1939.09.07 陸軍中将 七田一郎 陸士20 陸軍士官学校幹事 陸軍予科士官学校
11 1941.04.10 陸軍中将 永津佐比重 陸士23 華北政権治安部最高顧問 支那派遣軍総参謀副長
12 1942.08.17 青木重誠 陸士25 1943.06.29戦病死
13 1943.07.02 片桐茂 陸士25 1944.04.28戦死
1944.05.10 中井増太郎 陸士29 心得
14 1945.04.07 中井増太郎 陸士29 終戦により解隊

第二十師団参謀長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1934.03.05 陸軍砲兵大佐 平田健吉 陸士19 野砲兵第二十聯隊 造兵廠総務部長
1936.08.01
1938.08.10 陸軍歩兵大佐 内田銀之助 陸士27 留守第一師団参謀 技術本部
1940.09.16

留守第二十師団長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1937.07.12 深沢友彦 陸士12
1939.08.01 鈴木春松 陸士20
1940.01.23
1940.07.28 阿部平輔 陸士21
1942.07.01 山本三男 陸士22
1943.03.25 陸軍少将 竹原三郎 陸士23 第六歩兵団 第四九師団 1943.06.10陸軍中将
1944.01.07
1944.06.10 陸軍中将 椎名正健 陸士22 第七砲兵隊司令官 第一二四師団
1945.01.20 菰田康一 陸士21 1945.04.01改編

see also