豊田副武

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

豊田副武(とよだ・そえむ Toyoda Soemu 明治18(1885)年5月22日 - 昭和32(1957)年9月22日)は、日本の海軍軍人海軍大将大分県出身。海軍兵学校第33期生(171名中26位)、海軍大学校第15期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治18(1885)年5月22日
明治38(1905)年11月28日 海軍少尉候補生 橋立乗組
明治39(1906)年8月30日 日進乗組
明治39(1906)年12月20日 海軍少尉
明治40(1907)年9月28日 朝露乗組
明治41(1908)年7月31日 海軍砲術学校普通科学生
明治41(1908)年9月25日 海軍中尉
明治42(1909)年1月20日 海軍水雷学校普通科学生
明治42(1909)年4月30日 第十四艇隊
明治43(1910)年12月1日 海軍大学校乙種学生
明治44(1911)年5月22日 海軍砲術学校高等科学生
明治44(1911)年12月1日 海軍大尉 鞍馬分隊長
大正2(1913)年12月1日 海軍砲術学校教官兼副官
大正4(1915)年12月13日 海軍大学校甲種学生
大正6(1917)年4月1日 海軍少佐
大正6(1917)年12月1日 軍事参議官副官/海軍省出仕(海軍大将吉松茂太郎附属)
大正8(1919)年6月10日 軍事参議官副官/海軍省出仕/海軍教育本部出仕(一部)
大正8(1919)年11月25日 横須賀鎮守府附/海軍省出仕
大正8(1919)年12月1日 連合王国駐在被仰付
大正10(1921)年12月1日 海軍中佐
大正11(1922)年8月1日 命帰朝
大正11(1922)年12月1日 球磨副長
大正12(1923)年4月1日 横須賀鎮守府附(海軍省軍務局勤務)
大正12(1923)年6月1日 海軍省軍務局局員
大正14(1925)年12月1日 海軍大佐 海軍軍令部出仕/海軍大学校教官
大正15(1926)年7月15日 横須賀鎮守府
大正15(1926)年11月1日 由良艦長
昭和2(1927)年11月15日 第七潜水隊司令
昭和3(1928)年12月10日 海軍省教育局第一課長
昭和5(1930)年12月1日 日向艦長
昭和6(1931)年12月1日 海軍少将 海軍軍令部参謀(二班長)
昭和7(1932)年10月10日 (二班長/四班長)
昭和8(1933)年2月23日 (二班長)
昭和8(1933)年9月15日 聯合艦隊参謀長/第一艦隊参謀長
昭和10(1935)年3月15日 海軍省教育局長
昭和10(1935)年11月15日 海軍中将
昭和10(1935)年12月2日 海軍省軍務局長/海軍将官会議議員
昭和12(1937)年10月20日 第四艦隊司令長官
昭和13(1938)年11月15日 第二艦隊司令長官
昭和14(1939)年10月21日 海軍艦政本部長/海軍将官会議議員
昭和16(1941)年9月18日 海軍大将 呉鎮守府司令長官
昭和17(1942)年11月10日 軍事参議官
昭和18(1943)年4月21日 横須賀鎮守府司令長官/海軍将官会議議員
昭和19(1944)年5月3日 聯合艦隊司令長官
昭和20(1945)年4月25日 聯合艦隊司令長官/海軍総司令長官
昭和20(1945)年5月1日 海軍総司令長官聯合艦隊司令長官/海上護衛司令長官
昭和20(1945)年5月29日 軍令部総長
昭和20(1945)年10月15日 海軍省出仕
昭和20(1945)年11月30日 予備役被仰付
昭和20(1945)年12月2日 A級戦犯指名(のち不起訴保釈)
昭和32(1957)年9月22日 死去 (72)

親族