赤城 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

赤城(あかぎ Akagi)は、日本の軍艦(のち二等砲艦)。摩耶級砲艦の4番艦。

艦歴

  • 明治19(1886)年6月、小野浜造船所において起工。
  • 明治21(1888)年8月、進水。赤城と命名。
  • 明治23(1890)年8月20日、竣工。日本軍艦籍に編入。
  • 明治31(1898)年3月21日、艦艇類別標準制定。二等砲艦に類別。
  • 明治44(1911)年4月1日、除籍。

幹部

赤城艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1891.07.23 海軍少佐 瓜生外吉 浪速副長 横鎮海兵団
1891.12.14
1892.12.21 海軍少佐 井上良智
1893.09.12 海軍少佐 出羽重遠 海兵5 海軍大臣官房人事課長 龍田艦長
1894.06.05
1895.10.14 海軍少佐 橋元正明 海兵5 摩耶艦長 須磨艤装委員
1895.12.27
1897.02.18 海軍少佐 武富邦鼎 松島副長 東宮武官 1897.12.01 海軍中佐
1898.06.01
1899.06.17 海軍中佐 坂本一 海兵7 八島副長 豊橋艦長
1899.10.13

参照