迅鯨級コルベット (日本海軍, 1876)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 欧州君主国では王室ヨットを保有している国が少なくない。日本でも明治のはじめに皇室用の「御召快遊艦」が計画された。これが迅鯨である。木造の外輪蒸気船であるが、全木製艦も外輪推進艦も日本では最後となった。明治6年に横須賀造船所で起工されたが、機関が所期の性能を発揮することができなかったので、ようやく竣工したときには明治14年になっていた。迅鯨は竣工からまもなく朝鮮で起きた京城事変に出動しているが、木造外輪推進では戦闘艦艇としての実用性は無いに等しく、明治19年には水雷術練習艦に指定され、のちの水雷学校のように学生および練習生に水雷術を教授するために用いられた。水雷術練習艦に指定されてまもなく、調子のよくなかった機関が撤去されている。明治26年には水雷術練習所が設けられ迅鯨は引き続き水雷術練習所附属に指定されたが間もなく除籍。地味だが日本の水雷要員の養成に大きな役割を果した。

主要要目

排水量: 常備 1465t
長さ: 水線長 76.0m
全幅: 9.75m
喫水: 4.42m
機関: 外輪レシプロ, 1450ihp
速力: 14ノット
兵装: 4.7インチ砲 2門
乗員: 170

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
明5 迅鯨 Jingei 横須賀造船所 1873.09 1876 1881.08.05 1893.12.02 除籍