野村将三

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

野村将三(のむら・しょうぞう、明治22(1889)年4月20日 - 昭和35(1960)年3月15日)は、日本の海軍軍人海軍少将埼玉県出身。海軍機関学校第18期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治22(1889)年4月20日
明治43(1910)年4月1日 海軍機関少尉候補生 千歳乗組
明治43(1910)年9月7日 鹿島乗組
明治43(1910)年12月1日 新高乗組
明治43(1910)年12月15日 海軍機関少尉
大正元(1912)年12月1日 海軍機関中尉 第十三駆逐隊
大正3(1914)年5月27日 海軍機関学校普通科学生
大正3(1914)年12月1日 海軍機関大尉 河内分隊長
大正5(1916)年12月1日 海軍大学校機関学生
大正7(1918)年12月1日 八雲分隊長
大正8(1919)年7月10日 海軍機関学校教官/監事
大正9(1920)年12月1日 海軍機関少佐
大正10(1921)年8月17日 海軍省軍需局局員(三課/二課)
大正13(1924)年6月1日 夕張機関長
大正13(1924)年12月1日 呉鎮守府参謀
大正13(1924)年12月20日 呉鎮守府参謀/呉海軍艦船部部員
大正14(1925)年12月1日 海軍機関中佐 海軍機関学校教官/監事
大正15(1926)年12月1日 海軍機関学校教官
昭和3(1928)年6月25日 海軍工機学校教官
昭和3(1928)年12月10日 山城機関長
昭和4(1929)年11月30日 横須賀海兵団機関長/教官
昭和5(1930)年12月1日 海軍機関大佐 第二潜水戦隊機関長
昭和6(1931)年11月14日 海軍軍令部出仕/海軍省出仕
昭和6(1931)年12月1日 海軍省教育局第三課長
昭和8(1933)年9月1日 練習艦隊機関長
昭和9(1934)年8月15日 横須賀鎮守府
昭和9(1934)年11月15日 第二艦隊機関長
昭和10(1935)年11月15日 聯合艦隊機関長/第一艦隊機関長
昭和11(1936)年12月1日 海軍少将 海軍燃料廠研究部長
昭和13(1938)年4月1日 海軍燃料廠研究部長/実験部長
昭和13(1938)年11月15日 呉鎮守府
昭和14(1939)年8月30日 軍令部出仕
昭和14(1939)年12月15日 待命
昭和14(1939)年12月21日 予備役
昭和18(1943)年8月20日 海軍省事務嘱託
昭和35(1960)年3月15日 死去 (70)