野津道貫

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

野津道貫(のづ・みちつら Nozu Michitsura 天保12年11月3日(1841年12月15日) - 明治41(1908)年10月18日)は、日本の華族陸軍軍人元帥陸軍大将鹿児島県出身。

履歴

  • 明治4年7月23日(1871.9.7)、任陸軍少佐
  • 明治7(1874)年1月14日、任陸軍大佐
  • 明治7(1874)年1月15日、近衛参謀長心得。
  • 明治10(1877)年2月19日、征討第二旅団参謀長。
  • 明治11(1878)年11月20日、任陸軍少将陸軍省第二局長。
  • 明治11(1878)年12月14日、東京鎮台司令長官。
  • 明治12(1879)年9月25日、東京鎮台司令官。
  • 明治17(1884)年2月16日、大山巌陸軍卿外遊随行。
  • 明治17(1884)年7月7日、特旨をもって華族に列せられ、子爵を賜る。
  • 明治18(1885)年1月25日、帰国。
  • 明治18(1885)年5月21日、任陸軍中将広島鎮台司令官。
  • 明治21(1888)年5月14日、第五師団長。
  • 明治27(1894)年6月12日、動員下令。
  • 明治27(1894)年12月19日、第一軍司令官。
  • 明治28(1895)年3月18日、任陸軍大将
  • 明治28(1895)年5月9日、凱旋。
  • 明治28(1895)年8月5日、日清戦争の功績により伯爵に陞叙せらる。
  • 明治28(1895)年11月9日、補近衛師団長。
  • 明治29(1896)年5月10日、補東京防禦総督
  • 明治29(1896)年10月14日、補東部都督
  • 明治33(1900)年4月25日、補教育総監
  • 明治37(1904)年1月14日、兼補軍事参議官。(教育総監軍事参議官
  • 明治37(1904)年3月19日、補軍事参議官
  • 明治37(1904)年6月30日、補第四軍司令官。
  • 明治39(1906)年1月12日、補軍事参議官
  • 明治39(1906)年1月31日、元帥の称号を賜る。
  • 明治39(1906)年4月1日、叙功一級金鵄勲章
  • 明治40(1907)年9月21日、日露戦争の功績により侯爵に陞叙せらる。
  • 明治41(1908)年10月6日、叙大勲位菊花大綬章
  • 明治41(1908)年10月18日、薨去(享年68/満66)。正二位に叙せらる。

在任