金沢正夫

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

金沢正夫(かなざわ・まさお Kanazawa Masao 明治22(1889)年10月25日 - 昭和44(1969)年6月24日)は、日本の海軍軍人海軍中将山口県出身。海軍兵学校第39期生(148名中31位)、海軍大学校第21期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治22(1889)年10月25日
明治44(1911)年7月18日 海軍少尉候補生 阿蘇乗組
明治45(1912)年4月19日 常磐乗組
大正元(1912)年12月1日 海軍少尉 豊橋乗組
大正元(1912)年12月25日 韓崎乗組
大正2(1913)年12月1日 摂津乗組
大正3(1914)年12月1日 海軍中尉 海軍水雷学校普通科学生
大正4(1915)年5月26日 海軍砲術学校普通科学生
大正4(1915)年12月13日 敷島乗組
大正5(1916)年8月1日 八雲乗組
大正5(1916)年10月10日 肥前分隊長心得
大正6(1917)年12月1日 海軍大尉 海軍大学校乙種学生
大正7(1918)年4月15日 海軍砲術学校高等科学生
大正7(1918)年12月1日 山城分隊長
大正8(1919)年11月1日 乗組
大正9(1920)年12月1日 海軍砲術学校教官/分隊長
大正9(1920)年12月11日 海軍砲術学校教官
大正10(1921)年12月1日 海軍大学校甲種学生
大正12(1923)年10月15日 海軍軍令部出仕
大正12(1923)年12月1日 海軍少佐 比叡副砲長/分隊長
大正13(1924)年5月1日 浅間砲術長
大正14(1925)年7月21日 多摩砲術長
大正14(1925)年10月20日 海軍軍令部参謀/参謀本部部員
昭和2(1927)年11月15日 海軍軍令部出仕/海軍省出仕
昭和2(1927)年12月1日 海軍省副官/海軍大臣秘書官
昭和3(1928)年12月10日 海軍中佐
昭和4(1929)年10月20日 海軍軍令部出仕/海軍省副官/海軍大臣秘書官
昭和4(1929)年11月12日 ロンドン軍縮会議全権委員随員
昭和5(1930)年4月15日 海軍軍令部出仕
昭和5(1930)年10月21日 帰朝
昭和5(1930)年12月1日 那珂副長
昭和6(1931)年5月1日 海軍軍令部出仕/参謀
昭和7(1932)年12月1日 海軍大佐
昭和8(1933)年5月1日 海軍軍令部参謀
昭和8(1933)年8月26日 海軍軍令部出仕/海軍省出仕
昭和8(1933)年10月1日 軍令部部員
昭和8(1933)年11月1日 天龍艦長
昭和9(1934)年5月25日 軍令部出仕
昭和9(1934)年11月1日 聯合艦隊司令部附
昭和9(1934)年11月15日 聯合艦隊参謀/第一艦隊参謀
昭和10(1935)年10月30日 軍令部課長(一部二課長)
昭和12(1937)年11月20日 軍令部課長/大本営海軍参謀
昭和12(1937)年12月1日 霧島艦長
昭和13(1938)年11月15日 海軍少将 軍令部出仕/海軍省出仕/大本営海軍報道部長/海軍軍事普及部委員長
昭和15(1940)年10月1日 支那方面艦隊司令部附
昭和15(1940)年10月15日 在中華民国帝国大使館附海軍武官上海在勤海軍武官
昭和15(1940)年12月11日 在中華民国帝国大使館附海軍武官南京在勤海軍武官
昭和16(1941)年1月8日 南京在勤海軍武官在中華民国帝国大使館附海軍武官
昭和16(1941)年10月15日 横須賀鎮守府参謀長/横須賀海軍通信部
昭和16(1941)年12月31日 第四艦隊司令部附
昭和17(1942)年2月1日 第八根拠地隊司令官
昭和17(1942)年5月1日 海軍中将
昭和17(1942)年11月29日 軍令部出仕
昭和17(1942)年12月15日 海軍施設本部
昭和20(1945)年5月1日 呉鎮守府司令長官
昭和20(1945)年11月15日 海軍省出仕
昭和20(1945)年11月30日 予備役被仰付
昭和44(1969)年6月24日 死去 (79)