長良級軽巡洋艦 (日本海軍, 1921)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

長良級軽巡洋艦

概説

 長良級は、いわゆる5500トン型巡洋艦の第二弾にあたる。球磨級と基本的な構造は同じだが、航空兵装を付加したことと、魚雷兵装を53センチから61センチに強化したのが主な相違点である。艦橋構造物中に格納庫、その直前に滑走台を設けたために球磨級に比べて艦橋が大きく四角くなっており、前部主砲の上に滑走台が見えるのが外見的な特徴である。のちに艦橋前の航空兵装は撤去されて、後部甲板に射出機が設けられるようになった。艦橋の格納庫や滑走台も撤去されたが、四角い艦橋という識別点は残った。また、最終艦阿武隈は建造中に関東大震災に遭って建造が遅れたために、艦首形状がスプーンバウからクリッパーバウに変わっている。第二次大戦当時にはすでに度重なる改装のために凌波性の悪化などの問題が生じており、最新とはとても言えない状態だったが、他に適当な艦がなかったために水雷戦隊や潜水戦隊旗艦として用いられた。大戦中に五十鈴は主砲兵装や魚雷兵装を撤去して防空能力を飛躍的に強化した。全艦、昭和19年後半から昭和20年はじめにかけて戦没している。

主要要目

排水量: 常備 5570t
長さ: 水線長 158.6m, 全長 162.1m
全幅: 14.2m
喫水: 4.8m
機関: 4軸 技本・三菱パーソンズ式減速タービン(高低圧) 4基, ロ号艦本式缶 12基 (重油専焼 10, 混焼 2), 90,000shp
(鬼怒) 4軸 川崎ブラウンカーチス式減速タービン(高低圧) 4基, ロ号艦本式缶 12基 (重油専焼 10, 混焼 2), 90,000shp
燃料: 重油 1260t, 石炭 350t
速力: 36ノット
航続力: 5000海里/36ノット
装甲: 水線帯 62mm, 甲板 30mm
兵装: 14cm/50口径砲 7門, 8cm/40口径対空砲 2門, 61cm魚雷発射管 連装4基 8門, 機雷 48発
乗員: 450

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
大6 長良 Nagara 佐世保工廠 1920.09.09 1921.04.25 1922.04.21 二等巡洋艦 1944.08.07 戦没 (被雷)
1944.10.10 除籍
天草西方
(米潜 Croaker)
大6 五十鈴 Isuzu 浦賀船渠 1920.08.10 1921.10.29 1923.08.15 二等巡洋艦 1945.04.07 戦没 (被雷)
1945.06.20 除籍
ジャワ海
(米潜 Charr および Gabilan)
大6 名取 Natori 三菱長崎 1920.12.14 1922.02.16 1922.09.15 二等巡洋艦 1944.08.18 戦没 (被雷)
1944.10.10 除籍
フィリピン東方
(米潜 Hardhead)
大7 由良 Yura 佐世保工廠 1920.05.21 1922.02.15 1923.03.20 二等巡洋艦 1942.10.25 戦没 (航空攻撃)
1942.11.20 除籍
ガ島沖
大7 鬼怒 Kinu 川崎神戸 1921.01.17 1922.05.29 1922.11.10 二等巡洋艦 1944.10.26 戦没 (航空攻撃)
1944.12.20 除籍
シブヤン海
大7 阿武隈 Abukuma 浦賀船渠 1921.12.08 1923.03.16 1925.05.20 二等巡洋艦 1944.10.25 戦没 (航空攻撃)
1944.12.20 除籍
ミンダナオ海