阿蘇級装甲巡洋艦 (日本海軍, 1905)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 阿蘇の前身はフランスでロシア海軍むけに建造された大型装甲巡洋艦バヤーンである。高い乾舷、顕著なタンブルホーム、前後に大きく離れた主砲塔など典型的なフランス式巡洋艦の姿をしていた。竣工からほどなくして緊張の高まった太平洋海域に派遣され在旅順の太平洋艦隊に編入される。開戦後は黄海海戦などに参戦したが結局は港内に逼塞を余儀なくされ旅順の陥落とともに日本海軍の手に落ちた。最新鋭の有力な巡洋艦とあって整備の上一等巡洋艦に編入され阿蘇と命名されたが同型艦のない悲しさ、戦隊の編制が難しく明治の末から大正のはじめにかけてはもっぱら練習艦隊で候補生の遠洋航海に充当されていた。大正中期にはその大きな船体を利用して敷設艦に改造・類別変更された。昭和6年、後継の専門敷設艦の整備が進んだことにより除籍。

主要要目

編入時 (1905)

排水量: 常備 7726t
長さ: 垂線間長 125.2m, 全長 135.6m
全幅: 17.4m
喫水: 6.7m
機関: 2軸レシプロ, 26缶, 16,500ihp
燃料: 石炭 1100t
速力: 21ノット
航続力: 7000海里/10ノット
装甲: 水線帯 100-200mm, 甲板 25-50mm, 砲塔 88-170mm, 砲郭 80mm
兵装: 20.3cm/45口径砲 2門, 15.2cm/45口径速射砲 8門, 75mm速射砲 20門, 47mm砲 7門, 38cm魚雷発射管 5門
乗員: 570

敷設艦

排水量: 常備 7800t
長さ: 垂線間長 134.9m
全幅: 17.55m
喫水: 6.70m
機関: 2軸 直立式4気筒三段膨張レシプロ 2基, 26 ベルヴィール式水管缶(石炭専焼), 17,000ihp
速力: 22ノット
装甲: 水線帯 100-200mm, 甲板 25-50mm, 砲塔 88-170mm, 砲郭 80mm
兵装: 15cm/45口径砲 10門, 8cm/40口径砲 16門, 機関銃 2挺, 機雷 420
乗員: 420

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
阿蘇 Aso 仏 La Seyne 1899.02 1900.06 1903.04 露 Bayan 1904.12.08 擱座
1905.01.02 捕獲
1905.08.22 一等巡洋艦 (阿蘇 Aso)
1920.04.01 敷設艦
1931.04.01 除籍