陸軍重砲兵学校 (日本陸軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

陸軍重砲兵学校(りくぐんじゅうほうへいがっこう Army Heavy Artillery School

沿革

  • 明治22(1889)年3月、要塞砲兵監部練習所を設立。
  • 明治29(1896)年5月、陸軍要塞砲兵射撃学校へ改編。
  • 明治41(1908)年1月、陸軍重砲兵射撃学校へ改編。
  • 大正11(1922)年8月10日、勅令370号により陸軍重砲兵学校と改称。

幹部

陸軍重砲兵学校長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1919.01.31 陸軍砲兵大佐 吉田豊彦 陸士5 陸軍省兵器局工政課長 陸軍省兵器局長 陸軍重砲兵射撃学校長
1919.07.25陸軍少将
1921.05.05
1923.08.06 陸軍少将 緒方勝一 陸士7 技術本部第一部長 陸軍砲工学校 陸軍重砲兵学校長
1924.02.04
1934.08.01 陸軍少将 河村恭輔 陸士15 砲兵監部 第一六師団留守司令官
1935.08.01 陸軍少将 上村清太郎 陸士15 砲兵監部 第一二師団留守司令官 1936.04.23陸軍中将
1936.12.01
1939.10.02 陸軍少将 澄田𧶛四郎 陸士24 野戦重砲兵第六旅団 大本営参謀(仏印派遣団長)
1940.09.28 陸軍少将 柳川悌 陸士23 技術本部総務部長 第五九師団 1941.08.25陸軍中将
1942.04.01

陸軍重砲兵学校幹事

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1932.08.08 陸軍少将 上村清太郎 陸士15 横須賀重砲兵聯隊 野戦重砲兵第四旅団
1933.08.01
1935.03.15 陸軍少将 広野太吉 陸士18 第一師団参謀長 野戦重砲兵第一旅団
1935.12.02 陸軍砲兵大佐 前田治 陸士19 陸軍省兵器局銃砲課長 野戦重砲兵第二旅団 1936.03.07陸軍少将
1937.03.01
1939.11.06 陸軍砲兵大佐 金岡嶠 陸士25 関東軍砲兵司令部 近衛砲兵団 1940.03.09陸軍少将
1940.08.31

陸軍重砲兵学校教導大隊長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1925.05.01 陸軍砲兵中佐 河村恭輔 陸士15 参謀本部要塞班長 参謀本部防衛課長
1926.03.02 陸軍砲兵中佐 上村清太郎 陸士15 重砲兵学校教育部長
1928.03.08

see also