雲鷹

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

雲鷹(うんよう Unyo)は、日本の軍艦航空母艦)。大鷹級航空母艦の2番艦。

艦歴

  • 日本郵船の発注により三菱重工業長崎造船所にて起工。
  • 昭和15(1940)年7月31日、竣工。八幡丸(やはたまる)。
  • 昭和16(1941)年11月22日、海軍に徴用。
  • 昭和16(1941)年11月25日、特設艦船に編入、特設軍艦に種別。特設航空母艦に類別。呉鎮守府入籍。
  • 昭和17(1942)年1月、改造に着手。
  • 昭和17(1942)年5月31日、改造竣工。
  • 昭和17(1942)年8月31日、軍艦籍に編入、雲鷹と命名。航空母艦に類別。
  • 昭和19(1944)年9月16日、南シナ海において米潜水艦 Barb (SS-220) の雷撃をうけ、戦没。
  • 昭和19(1944)年11月10日、除籍。

幹部

雲鷹艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1941.11.25 海軍大佐 駒沢克巳 海兵42 八幡丸艦長
1941.12.10 海軍大佐 湊慶譲 海兵44 横須賀鎮守府 雲鷹艦長
1 1942.08.31 海軍大佐 湊慶譲 海兵44 八幡丸艦長 横須賀鎮守府 雲鷹艦長
1943.01.28 海軍大佐 相徳一郎 海兵45
1943.04.14 海軍大佐 関郁乎 海兵43
1944.03.01 海軍大佐 平塚四郎 海兵40
1944.07.01 海軍大佐 木村行蔵 海兵49 戦死 1944.09.17戦死

雲鷹副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1942.05.10 海軍中佐 井上良雄 海兵48 横須賀鎮守府 雲鷹副長 八幡丸副長
1 1942.08.31 海軍中佐 井上良雄 海兵48 八幡丸副長 第九駆逐隊司令 雲鷹副長
1943.05.01海軍大佐
1943.08.18