韓崎

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

韓崎(からさき Karasaki)は、日本の軍艦水雷母艦二等海防艦潜水母艦)。韓崎級潜水母艦

艦歴

  • 明治29(1896)年、英 Hawthorn 社にてロシア向け商船として起工。
  • 明治29(1896)年、進水。
  • 明治37(1904)年2月6日、ロシア商船 Ekaterinoslav 、対馬海峡で日本海軍により捕獲。
  • 明治37(1904)年4月17日、部内限り韓崎丸(からさきまる)と命名。海軍により運用。
  • 明治38(1905)年7月4日、雑役船に編入。韓崎丸(からさきまる)と命名。
  • 明治39(1906)年3月8日、日本軍艦籍に編入。韓崎(からさき)と命名。水雷母艦に類別。
  • 大正元(1912)年8月28日、艦艇類別標準改定。二等海防艦に類別変更。
  • 大正9(1920)年4月1日、水雷母艦に類別変更。
  • 大正13(1924)年12月1日、艦艇類別標準改定。潜水母艦に類別変更。
  • 昭和14(1939)年4月1日、除籍。
  • 昭和17(1942)年、解体。

幹部

韓崎艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1906.08.30 海軍中佐 小栗孝三郎 海兵15 イギリス駐在 待命
1907.07.01 海軍中佐 中野直枝 海兵15 鳥海艦長 秋津洲艦長 1908.09.25海軍大佐
1908.12.10
1909.04.01 海軍大佐 井出謙治 海兵16 イギリス出張 豊橋艦長専任
1909.04.17
1912.09.27 海軍大佐 岡野富士松 海兵15 鎮海防備隊 周防艦長
1913.12.01
1923.06.01 海軍中佐 松下薫 海兵32 海軍軍令部参謀 球磨艦長心得
1923.10.15
1927.12.01 海軍大佐 平田昇 海兵34 海軍省教育局局員 潜水学校教頭
1928.12.10
1932.12.01 海軍大佐 樋口修一郎 海兵37 第一八潜水隊司令 迅鯨艦長
1933.10.20

韓崎副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1916.12.01 海軍少佐 小副川敬治 海兵29 霧島水雷長 第一三駆逐隊司令心得
1917.04.20