須磨 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

須磨(すま Suma)は、日本の軍艦(のち三等巡洋艦二等巡洋艦二等海防艦)。須磨級巡洋艦の1番艦。

艦歴

  • 明治25(1892)年8月、横須賀鎮守府造船部において起工。
  • 明治28(1895)年3月9日、進水。須磨と命名。
  • 明治29(1896)年12月2日、竣工。日本軍艦籍に編入。
  • 明治31(1898)年3月21日、艦艇類別標準制定。三等巡洋艦に類別。
  • 大正元(1912)年8月28日、艦艇類別標準改定。二等巡洋艦に類別変更。
  • 大正10(1921)年9月1日、二等海防艦に類別変更。
  • 大正12(1923)年4月1日、除籍。

幹部

須磨艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1897.12.27 海軍大佐 三須宗太郎 海兵5 海軍大臣官房人事課長 浪速艦長
1898.05.23 海軍大佐 山田彦八 海兵5 呉海兵団 磐手回航委員長
1899.06.17 海軍中佐 藤井較一 海兵7 鳥海艦長 須磨艦長 心得
1899.09.29 海軍大佐 藤井較一 海兵7 須磨艦長心得 秋津洲艦長
1900.05.20
1899.10.07 海軍大佐 島村速雄 海兵7 海軍軍令部第二局長 常備艦隊参謀長
1900.07.04
1905.01.21 海軍大佐 栃内曽次郎 海兵13 八幡丸艦長 在イギリス大使館附武官
1905.12.12
1907.12.27 海軍大佐 竹下勇 海兵15 第二艦隊参謀長 春日艦長
1908.12.10
1918.05.13 海軍大佐 大谷幸四郎 海兵23 敷島艦長 敷島艦長
1918.09.10
1920.12.01 海軍大佐 藤田尚徳 海兵29 海軍省人事局局員 海軍軍令部出仕
1921.08.06

参照