高砂級巡洋艦 (日本海軍, 1897)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 高砂は、日清戦争前に建造され当時世界最速の巡洋艦といわれた吉野とほぼ同型で、船体や機関は基本的に同じであり、改良点としては15センチ砲4門を20センチ砲2門に強化したくらいである。英国で建造された高砂は、日露戦争では吉野と同一の第一艦隊第三戦隊に所属し、開戦劈頭の旅順襲撃作戦やその後の封鎖作戦に従事してロシア商船マンチュリア(のちの工作艦関東)を捕獲したりしている。僚艦吉野が春日に衝突されて沈没したのちも艦隊にあって黄海海戦などに参加しているが、旅順陥落直前に港口沖で触雷して戦没した。

主要要目

排水量: 常備 4160t
長さ: 垂線間長 109.73m, 水線長 118.2m
全幅: 14.78m
喫水: 5.18m
機関: 2軸 直立式4気筒三段膨張レシプロ 2基, 円缶 8基 (石炭専焼), 15,500ihp
燃料: 石炭 1000t
速力: 23.5ノット
装甲: 甲板 114mm (傾斜部), 63mm (平坦部), 20.3cm砲盾 114mm (正面), 67mm (側面), 12cm砲盾 67mm
兵装: 20.3cm速射砲 単装2基 2門, 12cm速射砲 単装10基 10門, 12ポンド速射砲 単装12基 12門, 2.5ポンド速射砲 単装6基 6門, 45cm魚雷発射管 5門
乗員: 425

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
明29 高砂 Takasago 英 Armstrong 1896.04 1897.05.18 1898.05.17 二等巡洋艦 1904.12.13 戦没 (触雷)
1905.06.15 除籍
旅順港外