高雄級巡洋艦 (日本海軍, 1888)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 日本海軍は創設以来、主要軍艦を海外からの購入に頼っていたが、小型艦艇から逐次国産を試みていた。明治10年代後半になって、ようやく小型ながら巡洋艦を国産できるようになった。これがエミール・ベルタンの設計になる高雄である。高雄の特徴は鋼骨鉄皮の船体と、はじめて採用された二重底で、この高雄の建造により国産巡洋艦はやっと世界的水準に達した感がある。高雄では当初6缶装備が予定されていたが、重量軽減の要請から密閉強制通風方式が採用されて缶数を5基に減ずることができた。武装としてクルップ砲を搭載していた。竣工直後は最新鋭艦として日本で初の長距離巡航なども試みられたが、日清戦争では黄海方面で行動し、日露戦争当時にはすでに旧式化しており、もっぱら津軽海峡の警戒に任じていた。明治40年に改装されて武装が近代化されたが、明治44年に除籍、まもなく売却された。

主要要目

排水量: 常備 1750t
長さ: 水線長 70.4m
全幅: 10.5m
喫水: 4.0m
機関: 2軸 横置式2気筒二段膨張レシプロ 2基, 高円缶 5基 (石炭専焼), 2332ihp
燃料: 石炭 300t
速力: 15ノット
航続力: 3000海里/10ノット
兵装: 15cm砲 4門, 12cm砲 1門, 57mm砲 1門, 四連装ノルデンフェルド機関銃 2門, 38cm魚雷発射管 2門
乗員: 220

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
明16 高雄 Takao 横鎮造船部 1886.10.30 1888.10.15 1889.11.16 1898.03.21 三等海防艦
1911.04.01 除籍
1912.03.27 売却