高雄警備府 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

高雄警備府(たかおけいびふ Takao Guard District

隷下組織

終戦時の隷下組織

幹部

高雄警備府司令長官

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1943.04.01 海軍中将 高木武雄 海兵39 馬公警備府司令長官 軍令部出仕
2 1943.06.01 海軍中将 山縣正郷 海兵39 軍令部出仕 第四南遣艦隊司令長官
3 1943.11.30 海軍中将 福田良三 海兵38 軍令部出仕 支那方面艦隊司令部附
4 1945.05.10 海軍中将 志摩清英 海兵39 高雄警備府附 終戦により解隊

高雄警備府参謀長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1943.04.01 海軍大佐 島崎利雄 海兵44 馬公警備府参謀長 第三艦隊司令部附
1943.07.07
1944.08.15 海軍少将 黒瀬浩 海兵41 防府通信学校 高雄方面根拠地隊司令官
1945.05.10 海軍少将 中沢佑 海兵43 台湾航空隊司令官 1945.11.01海軍中将
終戦により解隊

高雄警備府参謀副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.01.15 海軍少将 重永主計 海兵46 高雄警備府附 終戦により解隊

高雄警備府補給長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1944.08.15 海軍少将 黒瀬浩 海兵41 防府通信学校 高雄方面根拠地隊司令官
1945.05.10

高雄警備府法務長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1943.04.01 海軍法務大佐 岡村賛二 東京帝大(法) 馬公警備府法務長 大阪警備府法務長
2 1944.04.15 海軍法務大佐 高頼治 東京帝大(法) 高等軍法会議検察官 佐世保鎮守府法務長 1944.10.15海軍法務少将
1944.11.01

参照