高雄 (3代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

高雄(たかお Takao)は、日本の軍艦一等巡洋艦)。高雄級重巡洋艦の1番艦。

艦歴

  • 昭和7(1932)年5月31日、竣工引き渡し。一等巡洋艦に類別。
  • 昭和19(1944)年10月23日、パラワン水道において米潜水艦 Darter (SS-227) の雷撃をうけ、大破。
  • 昭和20(1945)年7月31日、シンガポール在泊中英豆潜水艦 XE3 の攻撃により、大破。
  • 昭和21(1946)年10月19日、マラッカ海峡において海没処分。
  • 昭和22(1947)年5月3日、除籍。

幹部

高雄艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1930.05.15 海軍大佐 安藤隆 海兵34 艤装員長
1932.02.20 海軍大佐 安藤隆 海兵34
1932.11.01 海軍大佐 沢本頼雄 海兵36 海軍省軍務局第一課長 日向艦長
1933.11.15 海軍大佐 南雲忠一 海兵36 軍令部第一部第二課長 山城艦長
1934.11.15 海軍大佐 後藤英次 海兵37 那珂艦長 横須賀海兵団
1935.11.15 海軍大佐 原顕三郎 海兵37 神通艦長 呉港務部
1936.12.01 海軍大佐 高木武雄 海兵39 海軍省教育局第一課長 陸奥艦長
1937.12.01 海軍大佐 醍醐忠重 海兵40 磐手艦長 足柄艦長
1938.06.03 海軍大佐 松山光治 海兵40
1939.11.15 海軍大佐 小林謙五 海兵42 球磨艦長 陸奥艦長
1940.11.01 海軍大佐 山口次平 海兵41 海軍省軍務局第二課長 霧島艦長
1941.08.15 海軍大佐 朝倉豊次 海兵44 第二艦隊司令部附 艦本出仕
1943.02.23 海軍大佐 猪口敏平 海兵46 第二艦隊司令部附 横須賀鎮守府
1943.10.28 海軍大佐 林彙邇 海兵45
1944.08.29 海軍大佐 小野田捨次郎 海兵48
1945.03.21 海軍大佐 石坂竹雄 海兵50

高雄副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1935.03.25 海軍中佐 原鼎三 海兵41 軍令部出仕兼海軍省出仕 知床特務艦長
1935.10.25
1937.12.01 海軍中佐 高田俐 海兵44 横須賀鎮守府 軍令部出仕
1938.06.01

see also