鳥海 (2代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

鳥海(ちょうかい Chokai)は、日本の軍艦一等巡洋艦)。高雄級重巡洋艦の3番艦。

艦歴

  • 昭和3(1928)年3月26日、三菱造船長崎造船所にて起工。
  • 昭和6(1931)年4月5日、進水。
  • 昭和7(1932)年6月30日、竣工引き渡し。一等巡洋艦に類別。
  • 昭和19(1944)年10月25日、比島海戦に参加。サマール島沖において米軍機の攻撃をうけ沈没。北緯11度26分・東経126度15分。
  • 昭和19(1944)12月20日、除籍。

幹部

鳥海艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1931.04.05 海軍大佐 三木太市 海兵35 名取艦長 足柄艦長 艤装員長
1931.12.01 海軍大佐 細萱戊子郎 海兵36 呉軍需部第一課長 鳥海艦長 艤装員長
1 1932.06.30 海軍大佐 細萱戊子郎 海兵36 鳥海艤装員長 海軍省軍需局第一課長
2 1932.12.01 海軍大佐 谷本馬太郎 海兵35 由良艦長 海軍大学校教官
3 1933.11.15 海軍大佐 小池四郎 海兵37 青葉艦長 航海学校教頭
1934.11.15 海軍大佐 三川軍一 海兵38 青葉艦長 霧島艦長
1935.11.15 海軍大佐 春日篤 海兵37 軍令部出仕 呉工廠魚雷実験部長
1936.12.01 海軍大佐 奥本武夫 海兵38
1937.07.12 海軍大佐 五藤存知 海兵38 愛宕艦長 陸奥艦長
1938.11.15 海軍大佐 保科善四郎 海兵41 妙高艦長 陸奥艦長
1939.11.01 海軍大佐 古宇田武郎 海兵41
1940.10.19 海軍大佐 渡辺清七 海兵42
1942.04.25 海軍大佐 早川幹夫 海兵44 海軍水雷学校教頭 山城艦長
1943.03.01 海軍大佐 有賀幸作 海兵45 横須賀鎮守府 横須賀鎮守府
1944.06.06 海軍大佐 田中穣 海兵47 戦死 1944.10.25沈没

鳥海副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1933.02.02 海軍中佐 大塚幹 海兵39 山城副長 隠戸特務艦長
1933.11.15
1944.06.01 海軍中佐 神川武夫 海兵51 第二艦隊司令部附 戦死 1944.10.15海軍大佐
1944.10.25沈没

参照