鹿島級戦艦 (日本海軍, 1905)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

鹿島級戦艦(かしまきゅう・せんかん Kashima class battleships)基本計画番号はA6。

概説

 日露戦争では、日清戦争後に相次いで購入した戦艦6隻、装甲巡洋艦6隻を基幹としたした所謂六六艦隊で戦ったが、開戦から間もない明治37年5月、八島、初瀬と戦艦2隻を同日に触雷のため失うという事態が突発していた。この穴は、戦艦並の長射程主砲を持つ装甲巡洋艦春日、日進の来着により辛うじて埋めることができた。しかし、春日および日進は所詮装甲巡洋艦である。戦艦戦隊と同等の行動をとることができるとは言え、戦艦と同等の戦力発揮は望めない。そこで、急遽イギリスに2隻の戦艦が発注された。これが鹿島と香取である。鹿島級の設計には、特に新味がない。なによりも最大の焦点が急速建造にあったものだから、竣工時期に影響を及ぼすような新機軸は当然採用されなかった。ただし、六六艦隊の最精鋭艦である三笠の竣工からすでに3年余経っていた。そこで鹿島級は、三笠などの「前弩級艦」に対し、さらに一歩進んだ「準弩級艦」として設計建造された(こういった種別は後年のもので、当時のものではないが)。すなわち、主兵装たる12インチ砲連装2基は標準的なものだが、副兵装として中間砲11インチ砲を4門装備している。速力も18ノットと並で、図抜けた要目はひとつもない。それだけ急速建造に意を使っても、竣工したのは結局明治39年になってからで、日露戦争は終っていた。鹿島級のような「準弩級艦」は、「弩級艦」に発展するための過渡的なものに過ぎなかった。事実、鹿島級の竣工した年にはすでにイギリスで「弩級艦」ドレッドノートが進水している。鹿島級は生まれ落ちたその瞬間からすでに二級艦になってしまった。結局鹿島と香取の二隻は常に二線級と看做されながら在籍わずか17年でワシントン軍縮条約のために廃棄解体されることとなる。ただその生涯の中でほとんど唯一といっていい華やかな役回りは、大正10年の皇太子(昭和天皇)欧州御巡遊の際に香取が御召艦、鹿島が供奉艦として使用されたことである。これはイギリス製の両艦を派遣すれば御巡遊の主要国であるイギリスの印象も良かろうという配慮であったといわれる。

主要要目

排水量: 常備 16,400t (香取 15,950t), 満載 17,200t (香取 16,663t)
長さ: 垂線間長 128m (香取 129.5m), 全長 129.6m (香取 139.0m)
全幅: 23.8m
喫水: 8.1m (香取 8.2m)
機関: 2軸 直立型4気筒三段膨張レシプロ 2基, ニクローズ缶 20基 (石炭専焼), 15,800ihp (香取 16,600ihp)
燃料: 石炭 2007t (香取 1857t)
速力: 18.5ノット
装甲: 水線帯 230mm, 前部水線帯 100mm, 後部水線帯 60mm, 上部水線帯 150mm, バーベット 125-300mm, 25cm砲塔バーベット 160mm, 砲塔 230mm, 25cm砲塔 200mm,
司令塔 230mm, 甲板 50mm
兵装: 30cm/45口径砲 連装2基 4門, 25cm/45口径砲 4門, 15cm/45口径砲 12門, 8cm/40口径砲 14門, 8cm/28口径砲 2門, 45cm 魚雷発射管 5門 (水中)
乗員: 864

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
日露臨 鹿島 Kashima 英 Armstrong 1904.02.29 1905.03.22 1906.05.23 戦艦 1923.09.20 除籍
日露臨 香取 Katori 英 Vickers 1904.04.27 1905.07.04 1906.05.20 戦艦 1923.09.20 除籍