「日進 (2代)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(日進艦長)
(日進副長)
 
(1人の利用者による、間の6版が非表示)
1行: 1行:
[[日進 (2代)|日進]](にっしん [http://admiral3166.ddo.jp/wiki31/ja/index.php/%E9%9F%93%E5%B4%8E Nisshin])は、日本の[[軍艦]]([[一等巡洋艦 (日本海軍)|一等巡洋艦]]、[[一等海防艦 (日本海軍)|一等海防艦]]、[[海防艦 (日本海軍)|海防艦]])。[[春日級装甲巡洋艦 (日本海軍, 1902)|春日級装甲巡洋艦]]の2番艦。
+
[[日進 (2代)|日進]](にっしん [http://admiral31.dip.jp/wiki31/en/index.php/Nisshin_(Japanese_armored_cruiser,_1903) Nisshin])は、日本の[[軍艦]]([[一等巡洋艦 (日本海軍)|一等巡洋艦]]、[[一等海防艦 (日本海軍)|一等海防艦]]、[[海防艦 (日本海軍)|海防艦]])。[[春日級装甲巡洋艦 (日本海軍, 1902)|春日級装甲巡洋艦]]の2番艦。
  
 
==艦歴==
 
==艦歴==
12行: 12行:
 
==幹部==
 
==幹部==
 
===日進艦長===
 
===日進艦長===
{| class="wikitable" width="100%"
+
{| class="wikitable"
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 +
|-
 +
|||1906.10.22||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[釜屋忠道]]||[[海軍兵学校第11期生 (日本海軍)|海兵11]]||[[海軍軍令部 (日本海軍)|海軍軍令部]]出仕||[[出雲]]艦長||
 +
|-
 +
|||1907.08.05
 
|-
 
|-
 
|||1914.05.27||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[川原袈裟太郎]]||[[海軍兵学校第17期生 (日本海軍)|海兵17]]||[[在外帝国大公使館附海軍武官 (日本海軍)#ロシア|在ロシア大使館附武官]]||[[伊吹 (初代)|伊吹]]艦長||
 
|||1914.05.27||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[川原袈裟太郎]]||[[海軍兵学校第17期生 (日本海軍)|海兵17]]||[[在外帝国大公使館附海軍武官 (日本海軍)#ロシア|在ロシア大使館附武官]]||[[伊吹 (初代)|伊吹]]艦長||
29行: 33行:
  
 
===日進副長===
 
===日進副長===
{| border="1"
+
{| class="wikitable"
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 +
|-
 +
|||1904.02.16||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[秀島成忠]]||[[海軍兵学校第13期生 (日本海軍)|海兵13]]||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]附||[[磐城]]艦長||
 +
|-
 +
|||1905.08.05
 
|-
 
|-
 
|||1906.11.05||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[博恭王]]||||[[浪速]]副長||[[海軍大学校 (日本海軍)|海軍大学校]]選科学生||
 
|||1906.11.05||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[博恭王]]||||[[浪速]]副長||[[海軍大学校 (日本海軍)|海軍大学校]]選科学生||
36行: 44行:
 
|||1907.02.15
 
|||1907.02.15
 
|-
 
|-
|||1915.05.26||[[海軍少佐 (日本)|海軍少佐]]||[[永野修身]]||海兵28||アメリカ駐在||[[磐手]]副長||
+
|||1915.05.26||[[海軍少佐 (日本)|海軍少佐]]||[[永野修身]]||[[海軍兵学校第28期生 (日本海軍)|海兵28]]||アメリカ駐在||[[磐手]]副長||
 
|-
 
|-
 
|||1915.12.12
 
|||1915.12.12

2019年4月6日 (土) 08:04時点における最新版

日進(にっしん Nisshin)は、日本の軍艦一等巡洋艦一等海防艦海防艦)。春日級装甲巡洋艦の2番艦。

艦歴

  • 明治35(1902)年5月、イタリア Andaldo において起工。アルゼンチン海軍向け装甲巡洋艦 Maria Moreno
  • 明治36(1903)年2月9日、進水。
  • 日本海軍により買収。
  • 明治37(1904)年1月7日、竣工引き渡し。一等巡洋艦に類別。
  • 大正10(1921)年9月1日、一等海防艦に類別変更。
  • 昭和6(1931)年5月30日、艦艇類別標準改定。海防艦に類別変更。
  • 昭和10(1935)年4月1日、除籍。

幹部

日進艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1906.10.22 海軍大佐 釜屋忠道 海兵11 海軍軍令部出仕 出雲艦長
1907.08.05
1914.05.27 海軍大佐 川原袈裟太郎 海兵17 在ロシア大使館附武官 伊吹艦長
1915.05.01
1922.11.10 海軍大佐 七田今朝一 海兵29 阿蘇艦長 横須賀防備隊司令
1923.05.01
1926.05.01 海軍大佐 長谷川清 海兵31 在アメリカ大使館附武官 長門艦長
1926.12.01

日進副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1904.02.16 海軍中佐 秀島成忠 海兵13 横須賀鎮守府 磐城艦長
1905.08.05
1906.11.05 海軍中佐 博恭王 浪速副長 海軍大学校選科学生
1907.02.15
1915.05.26 海軍少佐 永野修身 海兵28 アメリカ駐在 磐手副長
1915.12.12

参照